臨床研修医
・専攻医

#

看護部

乳腺・内分泌外科

乳腺・内分泌外科

午前 阿部
応援医師(松田)
北田
安座間
エコー
応援医師(藤原)
北田
安座間
応援医師(松田)
エコー
乳腺外来 エコー
午後 応援医師(松田)
北田
安座間
エコー
阿部
北田
安座間
エコー
応援医師(松田)
エコー
乳腺外来

☆「乳腺外来」診察について
月・火曜AM…当日受付可 ※11:00まで

*学会や出張等により担当医が休診または代診となる場合もありますことをご了承下さい。

診療内容

乳腺疾患を中心に、甲状腺や上皮小体の腫瘍にも対応しています。 迅速な診断治療を目指しており、乳腺の場合は受診当日に、マンモグラフィ・超音波検査・穿刺吸引細胞診、場合によっては針生検(CNB)まで行います。症例により吸引式乳房組織生検(VAB)やステレオ マンモトーム生検を追加し、乳がんを診断します。手術は温存術か全摘術ですが、乳房MRIを参考に患者さまと相談の上、術式を選択しています。温存の場合は整容性にこだわり、より綺麗な仕上がりを目指しています。センチネルリンパ節生検は色素法及びICGの併用です。
当院は乳房再建にも積極的に取り組んでおり、人工物の施設認定のもとインプラントや自家組織による再建を行っています。その場合は皮下乳腺全摘術などの術式も用いています。術後や再発後の薬物療法、放射線治療法は原則外来で行い、適応に則って行っています。
2018 年の乳がん手術は95名の方に100例の手術が行われました。温存手術が43例、乳房全摘術が42例で、皮下乳腺全摘+同時乳房再建が15例に行われました。

主な疾患

乳がん以外の乳腺疾患では、乳腺良性腫瘍・乳腺症・乳腺炎などです。
葉状腫瘍や3cmを超える線維腺腫は摘出術です。異型乳管過形成(ADH)などの境界病変は切除生検を行い、悪性か否かの判定をしています。
内分泌疾患の甲状腺癌では甲状腺全摘・頚部郭清の後、認定施設に紹介してアブレーションを施行します。限局型では亜全摘と中央部の郭清です。1cm以下では経過観察症例もあります。3cm以上の甲状腺良性腫瘍では葉切除です。高カルシウム血症で診断された原発性上皮小体機能亢進症、上皮小体腫瘍は積極的に切除しています。

分類 手術名 27年 28年 29年 30年
乳腺 乳房温存手術 センチネルリンパ節生検 43 35 35 37
乳房温存手術 腋窩リンパ節郭清 11 4 1 4
乳房温存手術のみ 4 4 1 2
乳房切除 or 全乳腺切除術 センチネルリンパ節生検 29 28 36 31
乳房切除 or 全乳腺切除術 センチネルリンパ節生検 一期的乳房再建 3 4 5 15
乳房切除 or 全乳腺切除術 腋窩リンパ節郭清 16 19 19 12
乳房切除 or 全乳腺切除術 腋窩リンパ節郭清 一期的乳房再建 3 2 0 2
乳房切除 or 全乳腺切除術のみ 0 0 0 3
乳腺良性腫瘤摘出術 16 16 8 10
その他 8 7 13 8
甲状腺 甲状腺癌 全摘術、亜全摘術 2 1 0 1
甲状腺癌 葉切除 0 2 0 0
甲状腺癌 リンパ節郭清のみ 1 1 0 0
甲状腺癌 その他 0 0 0 0
甲状腺良性腫瘍に対する手術 1 1 0 1
バセドウ氏病に対する手術 0 0 0 0
その他 0 0 1 0
副甲状腺 原発性副甲状腺機能亢進症 3 2 1 0
その他 0 0 0 0

医療機関の先生方へ

いつも乳房精査依頼や乳癌の2次健診など、ご紹介ありがとうございます。 当院では患者さまに十分な医療を提供するため、乳腺専門医、病理医、形成外科医、放射線医、専門看護師、各種検査技師、薬剤師などソフト部門、ステレオ マンモトーム、CT、MRI、リニアック放射線装置などのハード部門を完備し、総合病院における充実した治療を提供することができます。今後ともご紹介よろしくお願いいたします。 乳がん治療には放射線の役割も重要です。術後はもちろん、再発乳がんに対しても緩和的に照射が行われます。放射線治療医は常勤となり、他院からの依頼も受け付けていますのでご紹介ください。 現在、地域の先生方との術後連携システムを検討中です。ステージIからIIの早期乳がんの患者さまのフォローアップや投薬をお願いしたいと思っています。

施設認定

・日本外科学会外科専門医制度修練施設
・日本乳癌学会認定施設
・乳房再建用インプラント実施施設(一次再建・二次再建両方)
・乳房再建用エキスパンダー実施施設(一次再建・二次再建両方)

スタッフ

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等 スタッフ画像
北田 昌之
(きただ まさし)
病院顧問 乳腺・内分泌全般 日本外科学会【専門医、指導医】
日本乳癌学会【専門医、指導医】
【マンモグラフィ読影認定医】
日本消化器外科学会【認定医】
日本消化器病学会【専門医】
緩和ケア研修会 修了
安座間 隆
(あざま たかし)
部長 乳腺・内分泌全般 日本外科学会【専門医】
日本乳癌学会【専門医】
【マンモグラフィ読影認定医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
日本静脈経腸栄養学会【認定医】
緩和ケア研修会 修了
阿部 瑞穂
(あべ みずほ)
主任医員 乳腺・内分泌全般 日本外科学会【専門医】
日本乳癌学会【認定医】
【マンモグラフィ読影認定医】
緩和ケア研修会 修了

学術業績

学会発表

発表者 演題名 学会名、会場、日時
北田 昌之、安座間 隆、大橋 寛嗣 切除不能再発悪性葉状腫瘍に対するトラベクテジンの使用経験 第26回日本乳癌学会学術総会
京都
2018/5/16-19
安座間 隆、北田 昌之、松田 泰樹 Stage0乳癌術後4年目に高度の黄疸を伴う肝転移再発を認め、抗癌剤治療を施行した1例 第26回日本乳癌学会学術総会
京都
2018/5/16-19
  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • 脊椎疾患
  • 閉塞性動脈硬化症(血行再建)
  • 狭心症治療経皮的冠動脈形成術
  • 人工膝関節置換術
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881