臨床研修医
・専攻医

#

看護部

消化器内科

消化器内科

午前 福田(初再診)
交替制(初再診)
中原
澤井
今井
松本
交替制(初再診)
井倉
交替制(初再診)
小来田
福田(初再診)
今井
島越(初再診)
小来田
山口
氣賀澤(初再診)
午後 福田
島越
中原
澤井
小来田
井倉
井倉
氣賀澤
小来田
澤井
福田
中原
山口
井倉
松本
澤井

今井は「火・金」、福田は「月・木」、井倉は「火・水・金」、中原は「月・木」、澤井は「火・水」、松本は「火」、山口は「金」、小来田は「火・水」 が地域医療連携室を通じて予約可能です。

学会や出張等により担当医が休診または代診となる場合もありますことをご了承下さい。

紹介状をお持ちでなく当院内科系診療科を初めて受診される場合、原則として総合内科で問診・診察し、必要に応じて後日の各専門内科外来に引き継がせていただきます。

詳細はこちら

診療内容

北摂地域医療の中核病院として、胃癌、大腸癌、肝細胞癌、胆管癌、膵臓癌 などの消化器癌、C型肝炎、B型肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、非アルコール性脂肪性肝炎などの肝疾患、潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患、胆石、膵炎、胃十二指腸潰瘍 などを中心に診療を行っています。
消化器癌にたいしては、内視鏡・エコーガイド下治療、カテーテル治療(IVR)、化学療法・分子標的薬治療など、広く対応しています。
2016年2月に消化器病センターを開設し、放射線科、外科との緊密な協力体制のもと、常に高度医療を目指しています。

主な疾患

入院症例(2018年度実績)
肝細胞癌(225)、肝硬変(47)、慢性肝炎(20)、食道癌(32)、食道・胃静脈瘤(17)、胃潰瘍(37)、胃癌(84)、大腸ポリープ(330)、大腸癌(85)、炎症性腸疾患(19)、総胆管結石・胆管炎(126)、胆管癌(21)、膵炎(21)、膵癌(68)

検査(2018年度実績)
上部内視鏡(4031)、下部内視鏡(2251)、腹部超音波(9611)、造影超音波(214)、エラストグラフィー(353)、超音波内視鏡・生検(155)、ERCP(59)、カプセル内視鏡(7)、肝生検(29)

治療(2018年度実績)
肝がんラジオ波治療(33)、肝動脈塞栓術/動注(125)、BRTO、大腸EMR/ポリペクトミー(879)、食道・胃ESD(75)、大腸ESD(52)、食道静脈瘤(硬化療法、結紮療法)(42)、乳頭括約筋切開術/胆管ドレナージ(135)

医療機関の先生方へ

ほぼすべての消化器疾患に対して対応が可能です。内視鏡やエコーガイド下治療など低侵襲の治療を心がけています。内科・外科どちらの適応か判断が難しい症例は消化器病センター宛にご紹介いただいても結構です。消化管出血、胆石、膵炎、急性肝炎などの緊急症例に対しても迅速に対応いたします。

施設認定

日本内科学会認定医制度教育病院

日本消化器病学会専門医制度認定施設

日本消化管学会胃腸科指導施設

日本消化器内視鏡学会専門医制度認定指導施設

日本肝臓学会認定施設

日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設

日本がん治療認定医機構認定研修施設

スタッフ

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等 スタッフ画像
今井 康陽
(いまい やすはる)
総長 消化器疾患
(肝胆)
日本肝臓学会 指導医
日本肝臓西部会 評議員
日本消化器病学会 指導医・財団評議員
日本消化器内視鏡学会 指導医・評議員
日本超音波医学会 指導医
日本内科学会 認定内科医・近畿支部評議員
大阪大学 臨床教授
大阪府医師会感染症対策・
予防接種問題検討委員会肝炎担当委員
緩和ケア研修会 修了
身体障害者福祉法第15条指定医
(肝臓機能障害)
難病指定医
福田 和人
(ふくだ かずと)
副院長 消化器疾患
(肝胆)
日本内科学会 総合内科専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医・指導医・西部会評議員
日本消化器病学会 専門医・指導医・評議員
日本超音波医学会 超音波専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本医師会 認定産業医
兵庫医科大学 臨床教授
緩和ケア研修会 修了
身体障害者福祉法第15条指定医
(肝臓機能障害)
難病指定医
井倉 技
(いぐら たくみ)
主任部長 消化器疾患
(肝胆)
日本消化器病学会 専門医・指導医・近畿支部評議員
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本肝臓学会西部会 評議員
日本内科学会 認定医
日本消化器内視鏡学会
日本超音波医学会
日本補完代替医療学会 幹事・学識医
日本統合医療学会 評議員
日本医師会 認定産業医
中央労働災害防止協会 THP指導者
緩和ケア研修会 修了
中原 征則
(なかはら まさのり)
主任部長 消化器疾患
(胃腸膵)
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医・指導医・近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医・近畿支部評議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
日本膵臓学会
兵庫医科大学 臨床准教授
緩和ケア研修会 修了
澤井 良之
(さわい よしゆき)
部長 消化器疾患
(肝胆)
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本内科学会 認定内科医
日本肝臓学会
日本消化器病学会
日本超音波医学会
緩和ケア研修会 修了
難病指定医
松本 康史
(まつもと やすし)
副部長 消化器疾患
(胃腸膵)
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本カプセル内視鏡学会 認定医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
緩和ケア研修会 修了
小来田 幸世
(こぎた さちよ)
副部長 消化器疾患
(肝胆)
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医・指導医・近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本超音波医学会
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
緩和ケア研修会 修了
身体障害者福祉法第15条指定医(肝臓機能障害)
難病指定医
山口 典高
(やまぐち よしたか)
医長 消化器疾患
一般
日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本臨床腫瘍学会
日本ヘリコバクター学会 認定医
緩和ケア研修会 修了
難病指定医
氣賀澤 斉史
(けがさわ ただし)
医長 消化器疾患
一般
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
緩和ケア研修会 修了
日本膵臓学会
日本胆道学会
日本超音波医学会
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
島越 洋美
(しまこし ひろみ)
医員 日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
緩和ケア研修会 修了
大工 和馬
(だいく かずま)
専攻医 消化器疾患
一般
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
緩和ケア研修会 修了
岡本 明之
(おかもと あきの)
専攻医 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
緩和ケア研修会 修了
辻井 悠里
(つじい ゆり)
専攻医
杉尾 諒
(すぎお りょう)
専攻医 緩和ケア研修会 修了
相馬 一超
(そうま かずまさ)
専攻医 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
緩和ケア研修会 修了

学術業績

原著

著者 題名 雑誌名、巻号
Iwamoto T, Imai Y, Igura T, Kogita S,
Sawai Y, Fukuda K, Yamaguchi N,
Matsumoto Y, Nakahara M, Morimoto O, Ohashi H, Fujita N, Kudo M,
Takehara T.
Non-hypervascular hypointense hepatic nodules Ton hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI as a risk factor of intrahepatic distant recurrence after radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma. Dig Dis
2017;35:574-582
Imai Y, Katayama K, Hori M,
Yakushijin T, Fujimoto K, Itoh T,
Igura T, Sakakibara M, Takamura M,
Tsurusaki M, Takahashi H, Nakanishi K, Usuki N, Tsuji K, Ohashi H,
Kim T,Takehara T, Murakami T.
Prospective comparison of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI with dynamic CT for detecting recurrence of HCC after radiofrequency ablation. Liver Cancer
2017;6:349-359
Masugi Y, Abe T, Tsujikawa H,
Effendi K, Hashiguchi A, Abe M,
Imai Y, Hino K, Hige S, Kawanaka M, Yamada G, Kage M, Korenaga M,
Hiasa Y, Mizokami M,Sakamoto M.
Quantitative assessment of liver fibrosis reveals a nonlinear association with fibrosis stage in nonalcoholic fatty liver disease. Hepatol Commun.
2017 Nov 27;2(1):58-68
Kogita S, Imai Y, Okada M, Kim T,
Onishi H, Takamura M, Fukuda K,
Igura T, Sawai Y, Morimoto O, Hori M, Nagano H, Wakasa K, Hayashi N,
Murakami T.
Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance images of hepatocellular carcinoma: correlation with histological grading and portal blood flow. Eur Radiol
25th Anniversary issue 2017
Nishie A, Goshima S, Haradome H,
Hatano E, Imai Y, Kudo M, Matsuda M, Motosugi U, Saitoh S, Yoshimitsu K,
Crawford B, Kruger E, Ball G, Honda H.
Cost-effectiveness of EOB-MRI for Hepatocellular Carcinoma in Japan. Clin Ther.
2017;39:738-750.
Morishita N, Hiramatsu N, Oze T,
Urabe A, Tahata Y, Yamada R,
Yakushijin T, Hosui A, Iio S, Yamada A, Hagiwara H, Mita E, Yamada Y, Ito T,
Inada M, Katayama K, Yabuuchi I,
Imai Y, Hikita H, Sakamori R, Yoshida Y, Tatsumi T, Hayashi N, Takehara T.
Ultra-deep sequencing analysis of
resistance-associated variants during retreatment with simeprevir-based triple therapy after failure of telaprevir-based triple therapy in patients with genotype 1 hepatitis C virus infection.
Hepatol Res
2017;47:773-782
Kai Y, Hikita H, Morishita N, Murai K, Nakabori T, Iio S, Hagiwara H, Imai Y, Tamura S, Tsutsui S, Naito M,
Nishiuchi M, Kondo Y, Kato T,
Suemizu H, Yamada R, Oze T,
Yakushijin T, Hiramatsu N, Sakamori R, Tatsumi T, Takehara T.
Baseline quasispecies selection and novel mutations contribute to emerging resistance-associated substitutions in hepatitis C virus after direct-acting antiviral treatment. Sci Rep.
2017 Jan 30;7:41660
Doi A, Sakamori R, Tahata Y, Urabe A, Morishita N, Yamada R, Furuta K,
Kodama T, Hikita H, Yakushijin T,
Ohkawa K, Kaneko A, Imai Y,
Tatsumi T, Takehara T.
Frequency of, and factors associated with, hepatitis B virus reactivation in hepatitis C patients treated with all-oral direct-acting antivirals: Analysis of a Japanese prospective cohort. Hepatol Res.
2017 Dec;47(13):1438-1444
Maekawa A, Kato M, Nakamura T,
Komori M, Yamada T, Yamamoto K,
Ogiyama H, Nakahara M, Kawai N,
Yabuta T, Mukai A, Hayashi Y,
Nishida T, Iijima H, Tsujii M, Morii E, Takehara T.
Incidence of gastric adenocarcinoma among lesions diagnosed as low-grade adenoma/dysplasia on endoscopic biopsy: A multicenter, prospective, observational study. Digestive Endoscopy
Epub 2017 Dec 7.
岩本 剛幸、井倉 技、福田 和人、
澤井 良之、小来田 幸世、山口 典高、
松本 康史、中原 征則、岡部 純弥、
山縣 洋介、相坂 龍哉、上村 駿太、
高  智恵、出口 彩香、吉良 正浩、
大橋 寛嗣、篠村 恭久、今井 康陽
肝細胞癌に対するソラフェニブ投与中にケラトアカントーマを合併し、休薬により消褪した1例 肝臓 
2017;58:248-254
須見 遼子、福田 和人、入潮 佳子、
服部 美千代、澤井 良之、
小来田 幸世、井倉 技、山口 典高、
松本 康史、中原 征則、篠村 恭久、
今井 康陽
慢性肝疾患における掻痒症の実態とナルフラフィン塩酸塩の治療効果に関する検討. 肝臓 
2017;58(9):486-493
岩本 剛幸、井倉  技、福田 和人、
澤井 良之、小来田 幸世、出口 彩香、
吉良 正浩、大橋 寛嗣、今井 康陽
ソラフェニブ投与中にケラトアカントーマを合併した肝細胞癌の2例 The LIVER CANCER JOURNAL 
Vol.9 No.1 2017.6;p.84-85

著書・総説

著書・総説

著者 題名 雑誌号、巻号
今井 康陽 特集:ターニングポイントを迎えた肝癌診療
-高齢化するC型肝炎とSVR(著効)後の肝癌スクリーニング
CLINICIAN 
2017;64(659):97-111
今井 康陽 特集:ガイドラインには書いていない「肝炎・肝がん診療の最近の問題点」
4.慢性肝疾患における乏血性病変の経過の見方-EOB-MRI肝細胞相で発見される乏血性結節についてー
肝臓クリニカルアップデート
2017;3(1):19-24
今井 康陽 ここまできた肝臓病診療 
Ⅱ.検査・診断 ②画像診断 C. MRI
プリンシプル消化器疾患の臨床シリーズ P138-142, 2017 
中山書店
松井 修、北尾 梓、今井 康陽、有泉 俊一 Round Table Discussion
Gd-EOB-DTPA造影MRIは肝癌の診療をどのように変えたか?
The LIVER CANCER JOURNAL
2017;19(1):15-23

学会発表

発表者 演題名 学会名、会場、日時
岩本 剛幸、澤井 良之、福田 和人、
今井 康陽
シンポジウム1 「慢性肝疾患診療の現状と課題」
非侵襲的肝線維化診断におけるMREの有用性
日本消化器病学会近畿支部第106回例会
大阪
2017/2/25
上村 駿太、澤井 良之、福田 和人、
井倉  技、小来田 幸世、山縣 洋介、
岩本 剛幸、岡部 純弥、相坂 龍哉、
高  智恵、山口 典高、松本 康史、
中原 征則、篠村 恭久、今井 康陽
Young Investigator Session10 肝臓(4)
当院におけるGenotype1型C型肝炎に対するDAA療法の治療成績
日本消化器病学会近畿支部第106回例会 
大阪
2017/2/25
酒井 優希、井倉  技、上村 駿太、
高  智恵、相坂 龍哉、山縣 洋介、
岡部 純弥、岩本 剛幸、山口 典高、
小来田 幸世、松本 康史、中原 征則、
福田 和人、今井 康陽、篠村 恭久
Freshman Session7 肝臓(3)
肝血管筋脂肪腫に対する肝右葉切除後の右肝動脈門脈シャントによる門脈圧亢進症の1例
日本消化器病学会近畿支部第106回例会 
大阪
2017/2/25
山口 典高、中原 征則、松本 康史、
上村 駿太、高  知恵、相坂 龍哉、
岩本 剛幸、岡部 純弥、山縣 洋介、
今井 康陽、篠村 恭久
Hericobacter pylori一次除菌の除菌率に関与する因子の検討 第103回日本消化器病学会総会
東京
2017/4/21
山口 典高、中原 征則、松本 康史、
上村 俊太、高  知恵、相坂 龍哉、
岩本 剛幸、岡部 純弥、山縣 洋介、
今井 康陽、篠村 恭久
当院における京都分類による胃癌リスクスコアの有用性の検討 第93回日本消化器内視鏡学会総会
大阪
2017/5/12
相坂 龍哉、澤井 良之、小来田 幸世、
井倉  技、福田 和人、山口 典高、
松本 康史、中原 征則、篠村 恭久、
今井 康陽、竹原 徹郎
セッション7 HCV臨床4
Genotype1型C型肝炎に対するDAA療法の治療効果について
第53回日本肝臓学会総会
広島
2017/6/8
氣賀澤 斉史、巽 智秀、阪森 亮太郎、
瀧川 貴生、古田 訓丸、疋田 隼人、
薬師神 崇行、今中 和穂、大川 和良、
三田 英治、尾下 正秀、山田 幸則、
井上 敦雄、今井 康陽、竹原 徹郎
セッション26 肝癌・臨床2
肝癌治療戦略―Child-PughB症例におけるソラフェニブの有用性についての検討
第53回日本肝臓学会総会
広島
2017/6/8
須見 遼子、福田 和人、入潮 佳子、
服部 美千代、澤井 良之、
小来田 幸世、井倉 技、山口 典高、
松本 康史、中原 征則、篠村 恭久、
今井 康陽
セッション36 肝硬変4
慢性肝疾患における掻痒症の実態
第53回日本肝臓学会総会
広島
2017/6/8
上村 駿太、井倉  技、福田 和人、
山口 典高、松本 康史、中原 征則、
篠村 恭久、今井 康陽、竹原 徹郎
セッション44 HCV臨床16
Genotype2型C型肝炎に対するSofosbuvir/Ribavirin療法の治療効果について
第53回日本肝臓学会総会
広島
2017/6/9
岩本 剛幸、澤井 良之、小来田 幸世、
井倉  技、福田 和人、山口 典高、
松本 康史、中原 征則、岩橋 立樹、
桃井 理紗、篠村 恭久、今井 康陽
MREを用いた非侵襲的肝硬度診断および肝細胞癌の発癌に関する危険因子の検討 第53回日本肝癌研究会  
東京
2017/7/6
瀧川 貴生、阪森 亮太郎、巽 智秀、
薬師神 崇行、糸瀬 一陽、萩原 秀紀、
法水  淳、吉原 治正、松本 兼吾、
伊藤 敏文、大川 和良、片山 和宏、
今井 康陽、石田  永、三田 英治、
竹原 徹郎
局所療法(3)
腫瘍径2㎝以下の初発肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の再発・予後に寄与する因子の検討
第53回日本肝癌研究会  
東京
2017/7/7
大工 和馬、福田 和人、澤井 良之、
小来田 幸世、井倉 技、今井 康陽
当院における非B非C肝細胞癌の臨床的特徴 第53回日本肝癌研究会  
東京
2017/7/7
今井 康陽 生活習慣と肝臓病~油断大敵!脂肪肝をあなどるなかれ!~ 平成29年度日本肝臓学会近畿地区市民公開講座 
大阪
2017/7/30
酒井 優希、井倉  技、大工 和馬、
上村 駿太、高  智恵、相坂 龍哉、
増田 与也、山口 典高、小来田 幸世、
澤井 良之、中原 征則、福田 和人、
今井 康陽、篠村 恭久
肝右葉切除から10年経過して冠動脈門脈瘻症候群を呈した1例 第24回日本門脈圧亢進症学会総会
東京 
2017/9/14
上村 駿太、澤井 良之、福田 和人、
今井 康陽
シンポジウム1「ウイルス性肝炎治療の最新の知見」
当院におけるC型慢性肝炎に対するDAA療法の治療成績
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
山口 典高、中原 征則、松本 康史、
今井 康陽
シンポジウム2「消化器癌化学療法の進歩と課題」
実地診療での切除不能進行膵癌に対するGEM+nab-PTX療法の検討
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
山口 典高、中原 征則、松本 康史、
今井 康陽
ワークショップ1「消化管腫瘍性病変の診断と治療の進歩」
90歳以上の超高齢者に対する胃ESDの安全性と治療成績
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
大工 和馬、福田 和人、今井 康陽、
森本 修邦
ワークショップ2「生活習慣病と消化器疾患」
糖尿病患者における肝細胞癌合併リスクグループの囲い込み
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
相坂 龍哉 第13回専門医セミナー 2.胆膵 プレゼンテーター 日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
酒井 優希、澤井 良之、小来田 幸世、
井倉  技、福田 和人、増田 与也、
山口 典高、松本 康史、中原 征則、
篠村 恭久、今井 康陽、岩本 剛幸、
竹原 徹郎
Young Investigator Session5「肝4」
MREを用いた非侵襲的肝硬度診断および肝細胞癌の発癌に関する危険因子の検討
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
高 智恵、中原 征則、松本 康史、
山口 典高、増田 与也、相坂 龍哉、
上村 駿太、酒井 優希、大工 和馬、
小来田 幸世、澤井 良之、井倉 技、
福田 和人、篠村 恭久、今井 康陽
Young Investigator Session10「胃・十二指腸3」
コカ・コーラ溶解療法と内視鏡的砕石・除石の併用治療が奏功した多発大型胃石の1例
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
目連 愛美、井倉  技、酒井 優希、
大工 和馬、上村 駿太、高  智恵、
相坂 龍哉、増田 与也、山口 典高、
小来田 幸世、松本 康史、澤井 良之、
中原 征則、福田 和人、今井 康陽、
篠村 恭久、瀧内 大輔、森本 修邦、
柴田 邦隆、大橋 寛嗣、佐々木 素子
Freshman Session8「肝1」
6年間超低用量ピルを内服した女性に発症した肝細胞腺腫の1例
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
青地 一樹、福田 和人、増田 与也、
山口 典高、小来田 幸世、松本 康史、
澤井 良之、中原 征則、井倉  技、
今井 康陽、篠村 恭久、宗方 幸二、
太田 博文、柴田 邦隆
Freshman Session9「肝2」
保存的治療で軽快した門脈気腫症の1例
日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
山口 典高、中原 征則、松本 康史、
今井 康陽
実地診療での切除不能進行膵癌に対するGEM+nab-PTX療法の検討 日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
山口 典高、中原 征則、松本 康史、
今井 康陽
90歳以上の超高齢者に対する胃ESDの安全性と治療成績 日本消化器病学会近畿支部第107回例会
大阪
2017/9/23
関 康、宇戸 朋之、一樋 政宏、
比嘉 裕次、大橋 寛嗣、森山 康弘、
松本 康史、井倉  技、福田 和人、
今井 康陽
体外式超音波にて指摘し得た胃MALTリンパ腫の1例 第44回日本超音波医学会関西地方会 
大阪
2017/9/23
岩本 剛幸、澤井 良之、酒井 優希、
大工 和馬、小来田 幸世、井倉 技、
福田 和人、山口 典高、松本 康史、
中原 征則、今井 康陽
MREを用いた非侵襲的肝硬度診断および肝細胞癌の発癌に関する危険因子の検討 第21回日本肝臓学会大会 JDDW2017 FUKUOKA
福岡
2017/10/12
岩本 剛幸、澤井 良之、酒井 優希、
大工 和馬、小来田 幸世、井倉 技、
福田 和人、山口 典高、松本 康史、
中原 征則、岩橋 立樹、桃井 理紗、
篠村 恭久、今井 康陽
MREを用いた食道静脈瘤診断およびVTQ(肝硬度・脾硬度)との診断能の比較検討 第21回日本肝臓学会大会 JDDW2017 FUKUOKA
福岡
2017/10/12
山口 典高、中原 征則、松本 康史、上村 俊太、高  知恵、相坂 龍哉、
岩本 剛幸、岡部 純弥、山縣 洋介、
今井 康晴、篠村 恭久
当院での切除不能進行膵癌に対するGEM+nab-PTXの治療成績 第59回日本消化器病学会大会 JDDW2017 FUKUOKA
福岡
2017/10/13
相坂 龍哉、澤井 良之、福田 和人、
井倉 技、小来田 幸世、山口 典高、
松本 康史、中原 征則、篠村 恭久、
今井 康陽
C型慢性肝炎に対するDAA療法の治療成績とバイオマーカーの推移 第42回日本肝臓学会西部会
福岡
2017/11/30
大工 和馬、福田 和人、小来田 幸世、
増田 与也、山口 典高、松本 康史、
澤井 良之、中原 征則、井倉  技、
今井 康陽、篠村 恭久
肝癌3
糖尿病患者から発症する肝細胞癌の特徴と発癌関連因子の検索
第42回日本肝臓学会西部会
福岡
2017/11/30
目連 愛美、井倉  技、大工 和馬、
酒井 優希、上村 駿太、高  智恵、
相坂 龍哉、増田 与也、山口 典高、
小来田 幸世、松本 康史、澤井 良之、
中原 征則、福田 和人、今井 康陽、
篠村 恭久、森本 修邦、柴田 邦隆、
大橋 寛嗣、佐々木 素子
当院で経験したhepatocyte nuclear factor 1α inactivated hepatocelluaradenomaの2症例 第42回日本肝臓学会西部会
福岡
2017/11/30
入潮 佳子、澤井 良之、今井 康陽 シンポジウム7「進行肝細胞癌治療における最新治療:基礎と臨床の立場から」
慢性肝疾患における掻痒症の実態とナルフラフィン塩酸塩の治療効果に関する検討
第42回日本肝臓学会西部会
福岡
2017/12/1
今井 康陽 シンポジウム8「治療法の選択に影響を与える肝画像診断の進歩」
特別発言
第42回日本肝臓学会西部会
福岡
2017/12/1
酒井 優希、澤井 良之、今井 康陽 シンポジウム8「治療法の選択に影響を与える肝画像診断の進歩」
MR elastographyの肝細胞癌予測、胃食道静脈瘤診断能についての検討
第42回日本肝臓学会西部会
福岡
2017/12/1
今井 康陽 「肝細胞癌」 平成29年度日本肝臓学会後期教育講演会
福岡
2017/12/1

受賞

受賞者 受賞者 学会名・受賞名・日時
福田 和人 Renal impairment during the treatment of telaprevir with peginterferon and ribavirin in patients with chronic hepatitis C. 
Hepatol Res. 2014;44:1165-71.
日本肝臓学会         
『Hepatology Research』High Citation賞 
2017.6.8 

研修・教育活動 (H29.4~H30.3)

今井康陽院長(大阪大学医学部臨床教授)、福田和人消化器内科主任部長(兵庫医科大学臨床実習教授)、中原征則消化器内科部長(兵庫医科大学臨床実習教授)の下、大阪大学および兵庫医科大学医学生の学外研修(クリニカルクラークシップ)に精力的に協力した。

指導者 指導内容 受入れ日/人数
今井・福田 大阪大5年 H29.9.25 ~ H29.9.29 2名
今井・福田 大阪大5年 H29.11.6 ~ H29.11.24 2名
福田・中原 兵庫医科大5年 H30.2.26 ~ H30.3.9   1名
福田・中原 兵庫医科大5年 H30.3.12 ~ H30.3.23 2名
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

#トップへ

072-751-2881