臨床研修医
・専攻医

#

看護部

挨拶

挨拶

病院総長挨拶

 昨年4月、柴田邦隆病院長と私の二人三脚で新体制をスタートさせ、職員一同の頑張りで、平成最後の1年間、池田市および近隣の皆さんの健康維持に少しでもお役に立てたかと思います。令和元年となり、この度当院のホームページを更新しました。地域医療に貢献していきたいという私たちの強い思いをこめて更新を行い、今後も常に新たな気持ちで質の高い急性期医療を目指していきたいと思います。そしてホームページを通じて、当院で行っている医療を皆様にご紹介させていただきます。
 令和元年、今年度も、救急総合診療部を中心に24時間体制で救急患者さんの診療を行っていきます。専門性の高い高度な医療にも積極的に取り組んでいます。循環器内科では心筋梗塞や狭心症に対する冠動脈ステント治療、心房細動などの不整脈に対するカテーテルアブレーション治療、下肢閉塞性動脈硬化症に対するステント治療、心不全治療などを行っています。また、大阪府がん診療拠点病院として、腹腔鏡手術(胃がん、大腸がん、腎がん、前立腺がん、膵臓がんなど)、胸腔鏡(肺がん)手術を中心とした手術、内視鏡治療(食道・胃・大腸がん)、がん化学療法、放射線治療、緩和ケアと幅広く高度ながん専門診療を行っています。前立腺がんの放射線治療では手術に匹敵する治療効果が得られます。乳がん患者さんも多く、形成外科と協力して乳房再建術を行える数少ない施設です。消化器内科では早期胃がん、大腸がん、食道がんに対する内視鏡治療、肝がんのラジオは焼灼療法を数多く行っています。
 整形外科、眼科、耳鼻科、形成外科、歯科口腔外科も専門医が大変多くの手術を行っています。例えば、眼科では多焦点眼内レンズを用いた白内障手術などの高度先進医療も行っていますし、耳鼻科ではナビゲーションシステムという新しい技術を駆使して安全で高度な手術を行っていますし、難聴外来も行っています。形成外科では、下肢静脈瘤に対するラジオ波を用いた血管内焼灼術も行っています。これらの治療をホームページでご紹介していきます。
 産婦人科では、お産に力を注ぎ、費用も下げ、地域の先生とも強い連携を持ち、件数も増加しております。
 今後も市立池田病院はかかりつけ医の先生方、地域の施設の方々とも連携し、医療安全を基盤とした良質で高度な医療の提供を継続して行い、地域の住民の方が安全に安心して暮らせる “メディカル・タウン”構想実現を目指して、職員一同努力していきたいと思っております。

令和元年6月 総長今井康陽

病院長挨拶

 市立池田病院の病院長の柴田邦隆です。昨年4月に病院長に赴任し、1年余りたちました。内科の今井総長とともに外科系の病院長として頑張っています。昨年は6月に大阪北部地震、7月の豪雨、9月の台風21号の来襲など自然災害が例年以上にありましたが、関係各所の努力で病院機能を維持することができて、ほっとしています。また昨年末からインフルエンザ、今年の2月には麻疹の流行があり、連日感染対策会議を開き、面会制限、入院患者の外出外泊制限など市民の皆様にはご迷惑をかけましたが、大きな問題を起こすことなく、無事切り抜けることができました。その中で病院は令和元年5月現在23診療科364床(7病棟、ICU4室)ですが、救急診療とがん診療の二枚看板の下、昨年度は入院延べ患者が120000人、病床稼働率91.5%、手術件数5860件、医業収益約120億円とほぼ右肩上がりに増加し、急性期病院としてまたがん診療拠点病院として北摂地域の基幹病院としての役割を果たしてきています。
 今後、少子高齢化の進展、人口減に伴う医療人材の不足、医療従事者の働き方改革の推進などいろいろ新たな課題がありますが、病院職員一同一丸となって困難を克服し、患者様には安心、安全で質の高い医療の提供ができるよう頑張って行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

令和元年6月 病院長柴田邦隆

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

#トップへ

072-751-2881