臨床研修医
・専攻医

#

看護部

不整脈治療

不整脈治療

不整脈に対するカテーテルアブレーション治療

当院の3次元マッピングシステムは、様々な不整脈に対して複雑な⼼臓内の解剖、⼼臓内に留置したカテーテルの位置や動き(誤差1mm以内)、また、カテーテルコンタクトまで視覚化したうえで原因を正確に診断し、より安全に治療ができるようになっております。池田、箕面、豊中、川西など近隣の方で不整脈の診断/治療に関しては、循環器内科 ⼆宮の外来へご紹介いただければ幸いです。患者さま及びご家族さまにもなるべくわかりやすい⾔葉を選んで説明を⾏い、納得していただいたうえで治療を受けていただけるよう⼼がけてまいります。

3次元マッピングシステム(CARTO)を⽤いた肺静脈隔離術

3次元マッピングシステム(CARTO)を⽤いた肺静脈隔離術

カテーテルコンタクトの視覚化

カテーテルコンタクトの視覚化

頻脈性不整脈の根治的治療であるカテーテルアブレーションが⽇本で⾏われるようになって20年以上経ちますが、その間の進歩は⽬覚ましく、今では不整脈で困っておられる患者さまの⼤部分がカテーテルアブレーションの対象となってきているといっても過⾔ではありません。⼀番多い不整脈であろう⼼房細動も、当院に導⼊されている3次元マッピングシステムなど最新の機器を⽤いて安全にカテーテルアブレーション治療を⾏うことが可能になっております。
⼼房細動は⼼不全に合併することも多く、その場合、洞調律の⼼不全患者さまと⽐べて治療に難渋することが多いと思われます。近年では、⼼房細動そのものを治療することで⼼不全患者さまの予後が良好になることも⽰されてきております。また、⼼房細動を発症すると、認知機能が低下し認知症発症のリスクが増⼤することも⽰されております。⼼房細動に対して脳梗塞予防のための抗凝固療法が必要なことはよく知られておりますが、現在ではそれに加えて⼼房細動そのものの根治的治療も考慮すべきと考えております。

 

循環器内科

アブレーション前後での⼼内⼼電図(肺静脈内電位の消失)

アブレーション前後での⼼内⼼電図(肺静脈内電位の消失)

⼼腔内エコーを⽤いた⼼房中隔穿刺

⼼腔内エコーを⽤いた⼼房中隔穿刺

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • 脊椎疾患
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881