臨床研修医
・専攻医

#

看護部

眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂は視野が狭くなるという機能的障害と整容的な問題があります。また、眼瞼下垂があると視野を確保するため始終眉毛を挙げているので、頭痛や肩こりの原因になることもあります。主な原因は2つあります。

眼瞼挙筋腱膜の瞼板からの離開

正常では、上眼瞼挙筋が収縮して、挙筋腱膜を介して瞼板という組織を引き上げることで、瞼が開きます。多くの眼瞼下垂では、挙筋腱膜が薄く伸びてしまい、筋肉が収縮しても、その力が瞼板に伝わらないために瞼が開かない状態になります。
こういった状態は加齢によるものだけではなく、ハードコンタクトレンズを長期間使用している方にも起こりえます。

皮膚弛緩

加齢による皮膚のたるみがあると視野の妨げになります。

その他にも生まれつき眼瞼下垂がある方もいらっしゃいます。

それぞれの原因に合わせた治療を当科では行っておりますので、眼瞼下垂かなと思われる方はご相談ください。

 

形成外科

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会

#トップへ

072-751-2881