臨床研修医
・専攻医

#

看護部

リハビリテーション科

診療内容

病気やけがなどによって何らかの障害をもった患者さま、また加齢や手術などで身体機能が低下した患 者さまに対して、失われた機能の回復と残された能力の増強を図り、患者さまが家庭や社会へ復帰できる ように治療・訓練を行っています。 立つ・歩くなどの基本的な運動機能が低下している場合は理学療法を、食事・更衣・家事・仕事などの日 常生活に関わる諸活動を行う機能が低下している場合は作業療法を、コミュニケーション障害(失語症や 構音障害など)・高次機能障害(記憶障害など)・嚥下障害などがある場合には言語聴覚療法を行いま す。また医師を交えたカンファレンスを定期的に実施して情報共有を行っており、患者さまの状態に応じ て理学療法・作業療法・言語聴覚療法を適切に組み合わせて提供しています。

主な疾患

運動器疾患:人工関節置換術後、脊椎脊髄疾患術後、骨折術後
脳血管疾患:脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管疾患、パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経筋疾患
呼吸器疾患:肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支喘息などの慢性疾患、肺腫瘍や消化管腫瘍の術後
心大血管疾患:狭心症や心筋梗塞の術後、心不全や閉塞性動脈硬化症などの慢性心大血管疾患

上記の他にも様々な疾患に対してリハビリテーションを行っています。

医療機関の先生方へ

各診療科と連携を取りながら、入院患者さまおよび手術後の外来患者さまを対象に急性期・回復期のリハビリテーションを行っています。現在当科は、医師 1 名、理学療法士 8 名、作業療法士 8 名、言語聴覚 士 3 名で構成されており、単に病気や障害に対するリハビリテーションだけでなく、退院後も円滑に在宅 生活に移行できるような環境整備など、総合的なリハビリテーションが可能な体制を整えています。ただ患者さまの多くは種々の基礎疾患や合併症があり、それらの疾患に対する治療や活動性維持のためには地域の先生方のご支援が欠かせません。緊密な病診連携によって在宅生活を安心して送れるよう、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

施設認定

・脳血管等リハビリテーションI
・運動器疾患リハビリテーションI
・呼吸器疾患リハビリテーションI
・心大血管疾患リハビリテーションI
・廃用症候群リハビリテーションI
・がん患者リハビリテーションI

スタッフ

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等 スタッフ画像
宮本 直
(みやもと なお)
主任医員 上肢
整形一般
日本整形外科学会 専門医
日本手外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
喜多 洸介
(きた こうすけ)
医員 整形一般 中部日本整形外科災害外科学会
日本整形外科学会

学術業績

学会発表

発表者 演題名 学会名、会場、日時
山村 義 終末期呼吸器疾患患者に対する作業療法
―料理指導者という役割ににより、生きる意欲を取り戻 した1症例―
第 51 回日本作業療法学会 東京
2017/9/22-24
面田 真也 アルコール離脱せん妄を呈し治療に難渋した大腿骨転 子部骨折の一症例―在宅復帰を実現したチームアプ ローチと地域との連携 全国自治体病院学会 千葉
2017/10/19-20
高科 賢士 公立病院の小児に対する作業療法の臨床現場を通 し、保護者へのアプローチを考える 全国自治体病院学会 千葉
2017/10/19-20
柳沢 崇 高齢者サポートチーム(OST)における認知症ケア回診 の実状について~認知症ケアにおけるリハビリテーショ ン科の役割~ 全国自治体病院学会 千葉
2017/10/19-20
中武 未稀 左肘骨折術後に関節可動域訓練に加え ICF を用いて 分析し ADL・IADL訓練を導入したことで活動性が向 上した症例 第 32 回大阪府作業療法学会 大阪
2017/12/3
松永 真悟 臨床経験年数の違いが思考過程に与える影響につい て 第52回日本理学療法士学術大会 千葉
2017/12-14
  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881