臨床研修医
・専攻医

#

看護部

緩和ケアチーム

はじめに

患者さん・ご家族中心の緩和ケアを心がけています。

「緩和ケア」とは、病気そのものあるいは治療を受ける中で生じる、身体の苦痛や気持ちのつらさに対応するケアです。社会的、心理的な側面も 含め、全人的苦痛(トータルペイン)を和らげるケアを目指しています。

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的な・魂の)問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチである。

和ケアは、がんに対する治療に良い影響があると考えられており、緩和ケアを受けることが、患者さんご自身のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の改善に繋がるという研究も報告されています。痛みを始めとする身体の苦痛症状や不安などの気持ちのつらさを和らげるよう努めることは、病気に立ち向かう治療(手術・化学療法・放射線療法など)と矛盾するものではありません。病気の進み具合にかかわらず、躊躇せずに必要な緩和ケアを受けて頂きたいと考えています。

一方で、現代の医学をもってしても完治できない病気が存在することも事実です。生命が有限であるからこそ、死への過程を自然なものと認め、生命を最大限に尊重し、身体のみならず心理面・スピリチュアルな側面も合わせ、全人的な視点から、生命をより輝かせるお手伝いをするために緩和ケアがあると考えています。
また患者さんを支えるご家族は「第2の患者さん」と呼ばれ、緩和ケアによるサポートを受けて頂くべき大事な存在と考えています。
いつでも、どなたでも、すぐに対応できる緩和ケアの実践をめざし、患者さんとご家族がよりよく過ごすお手伝いをしていきたいと考えています。

緩和医療検討委員会委員長  柴田 邦隆

緩和ケアチーム
身体専従医師 緩和ケア内科       滝本 佳予
精神専任医師 精神科          中島 陽
専従看護師  がん性疼痛看護認定看護師 音地 真理
薬剤師    緩和薬物認定薬剤師    中西 晶子

柴田邦隆(副院長)福田和人(内科医)太田博文(外科医)小野まゆ(麻酔科医)
林美保子(看護次長)松浦千佐子(看護師長)森本孝子(看護師長)
小林身和子(緩和ケア認定看護師)吉野葵(がん看護専門看護師)
村山洋子(薬剤師)小角麻衣(薬剤師)多田博和(理学療法士)面田真也(理学療法士)
小林優子(臨床心理士)尾関茜(MSW)

診療内容・特徴

当院にはホスピス・緩和ケア病棟はありませんが、当院に入院中の患者さんは、いつでも緩和ケアチームのサポートが受けられるように体制が整っています。緩和ケアチームは、医師、看護師(がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師)、薬剤師、理学療法士、臨床心理士、MSWで構成されています。

チームは治療科からのコンサルテーション(相談)を受け、定期的に病棟を巡回し、診察依頼に対応しています。担当医や担当看護師、担当薬剤師と力を合わせつつ、それぞれの職種が専門性を活かして多方向からアプローチすることで、皆様の苦痛の緩和を行えるようにいたします。またご家族のお悩みを丁寧にお伺いし、一緒に患者さんをサポートしていきます。

緩和ケアチームへの相談例

痛み     吐き気、嘔吐
お腹のはり  眠れない
息苦しい   不安
家族のケア  医療サービスの紹介

外来でも、必要に応じて当科を受診・併診していただくことが可能です。(緩和ケア内科、がん看護外来)

教育活動・研究活動

緩和ケアの推進のために、講演会や研修会を企画・開催し、当院職員の緩和ケアに関する知識・技術向上に努めています。

緩和ケア研究会「五月山緩和ケア研究会」

2007年2月より年に2回、在宅医療に関わる専門職と共に「五月山緩和ケア研究会」を開催し、地域でのよりよい緩和医療を検討しています。今後も充実した内容で継続していく予定です。

(土)開催表題 演者
第1回2007年2月3日当院における緩和ケア
がんの疼痛マネジメント
がん疼痛マネジメントに必要な
薬剤の知識緩和ケアにおける看護師の役割
山口誓司(泌尿器科)
橋本典夫(麻酔科)
名徳倫明(薬剤部)
(緩和ケア対策室)
総論
身体
薬剤
看護
第2回2008年3月15日在宅医療の実際~緩和医療を中心として~馬渡秀徳(まわたり内科)地域
第3回2008年10月18日当院の疼痛治療プログラムについて
-WHOラダーの沿った疼痛治療とは-
橋本典夫(麻酔科ペインクリニック)身体
第4回2009年1月31日在宅緩和ケアの実践
~退院前から自宅での看取りまでの関わり~
((医)拓海会 大阪北ホームケアクリニック)
白山宏人
地域
第5回2009年11月28難しい症状緩和症例への実践アプローチ
~実践に必要な基本知識とその応用~
目黒則男(市立豊中病院泌尿器科部長)身体
第6回2010年4月18日パネルディスカッション
病院から在宅までの連携に求められるもの
篠木信敏(磯崎医院副院長)
白水勝人((医)美雄会 細川内科院長)
小林身和子(看護師)
大江つよみ(地域医療連携)
地域
第7回2010年11月27日症例検討
がん患者の心のケア
葛追麻衣子(看護師)
柏木雄次郎(大阪府立成人病センター
心療緩和内科主任部長)
精神
第8回2011年4月16日がんリハビリテーションの実際
~理学療法を中心に~
池田聖児(大阪府立成人病センター
リハビリテーション部理学療法士)
リハ
第9回2012年5月19日チーム医療におけるスピリチュアルケアの役割大河内大傳 (上智大学グリーフケア研究所
人材養成講座講師)
精神
第10回2013年1月19日北摂における緩和ケアの現状
~千里ペインクリニックの取り組みを通して~
松永美佳子(千里ペインクリニック)地域
第11回2013年5月18日在宅療養支援診療所における在宅緩和ケアの実際
~在宅医療での疼痛管理、症状への対応を中心に~
古川聡 (往診・訪問診療のクリニック
ふるかわ医院院長)
地域
第12回2014年5月24日末期がん患者の心のケア
~患者とのコミュニケーション~
沼野尚美(宝塚市立病院
緩和ケア病棟 チャプレンカウンセラー)
精神
第13回2014年11月8日がん疼痛の薬物療法における最近の話題岡本禎晃(市立芦屋病院薬剤科部長)薬剤
第14回2015年5月23日がんと診断されたときからの緩和ケアの充実を目指して
~看護の役割を中心に~
田村惠子(京都大学医学研究科人間健康科学系専攻
臨床看護学講座)
看護
第15回2015年11月28日全ての放射線治療技術は緩和医療にも
~放射線治療の誤解を解きます~
山本昌一(聖隷浜松病院
腫瘍放射線科主任医長)
放射線
第16回2016年6月4日消化器病センター紹介 症例報告 がん疼痛治療科の最前線
~アセトアミノフェン静注薬の可能性~
福田和人(消化器内科)
大山覚照(精神科)
服部政治(がん研有明病院がん疼痛治療科部長)
身体
第17回2016年12月3日症例報告
医療者に必携 -死生観、スピリチュアルケア-
小林身和子、山内洋子
(看護師)
大下大圓
(飛騨千光寺住職)
看護
精神
第18回2017年6月3日ケアする側のメンタルケア・マインドフルネス藤澤大介
(慶應義塾大学医学部精神・神経科講師)
ケア側

関連

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

#トップへ

072-751-2881