臨床研修医
・専攻医

#

看護部

神経内科

神経内科

午前 那波 瀬川 阪大医師 那波 上原
午後

学会や出張等により担当医が休診または代診となる場合もありますことをご了承下さい。

 

【予約・紹介制】
当科の診療は、予約のある再診患者様、または、紹介状をお持ちの初診患者様のみとさせていただきます。
紹介状をお持ちでなく当院内科系診療科を初めて受診される場合、原則として総合内科で問診・診察し、必要に応じて後日の各専門内科外来に引き継がせていただきます。

詳細はこちら

診療内容

神経疾患は慢性に経過する変性疾患のようなものから、髄膜脳炎、ギランバレー、脳卒中などの救急対 応が必要なものまで幅広い対応が必要となります。当科では外来診療、検査、診断、治療目的の入院か ら、急性期対応が必要な疾患まで対象としています。検査としては、血液検査、脳脊髄検査、画像検査 (CT、MRI、MRA、SPECT、DATscan、心筋シンチなど)、頸動脈エコー、神経生物学的検査(脳波、神 経伝導検査、針筋電図、誘発電位)、末梢神経生検、筋生検などを行います。診断確定のため、国内外の 研究機関に検査を依頼するなども行っています。脳梗塞には急性期治療(t-PA、血管内治療は除く)を入 院の下で、リハビリテーションとともに行います。パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経変性疾患 では、投薬加療と生活指導、場合によってはリハビリテーションを行います。

主な疾患

・脳脊髄:脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作など)
・神経変性疾患(パーキンソン病、パーキンソン症候群、脊椎小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)
・認知症(アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、レヴィー小体型認知症など)
・末梢神経疾患(ギランバレー症候群、遺伝性末梢神経障害など)
・髄膜脳炎(感染性、自己免疫性など)
・自己免疫疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症など)
・筋疾患(筋炎、ミオパチーなど)

次のような症状があれば、神経内科の受診をお勧めします。

・運動障害(手足に力が入らない、字が書きにくい、顔が動かない、嚥下しにくい)
・歩行困難(歩きにくい、よく転倒する、足が前に出にくい)
・感覚障害(しびれ、感覚がにぶい)
・言語や構音の障害(言葉が出てこない、呂律が回らない)
・不随意運動や筋けいれん(手足のふるえ、筋肉がぴくぴくする)
・意識障害、けいれん発作
・認知障害(物忘れなど)
・頭痛、めまいなど
 なお、不眠症、不安症、抑うつ状態、ストレス、心身症などは、精神神経科か心療内科の診療対象となります。

医療機関の先生方へ

神経伝導検査や針筋電図などの神経生理検査や生検などを駆使し、神経筋疾患の診断を積極的に行っております。
認知症診断は画像検査とともに、臨床心理士による詳細な心理検査により、状態の把握に努めています。
当院では、超急性期以外の脳梗塞に対しては、従来の抗血栓療法、リハビリテーションなどの治療を積 極的に行っております。超急性期治療は行っておりませんのでt-PAや血管内治療を必要とする場合は他病院へご紹介ください。
外傷に起因する症状の場合は外科系各科にご相談ください。

施設認定

・日本神経学会専門医制度認定准教育施設
・日本認知症学会教育施設
・日本臨床神経生理学会教育施設

スタッフ

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等 スタッフ画像
那波 一郎
(なば いちろう)
主任部長 神経内科全般 日本内科学会 内科指導医・総合内科専門医
日本神経学会 指導医・神経内科専門医
日本認知症学会 専門医・指導医
日本臨床神経生理学会 専門医・指導医
上原 拓也
(うえはら たくや)
主任医員 神経内科全般 日本内科学会 認定内科医
日本神経学会 神経内科専門医

学術業績

学会発表

発表者 演題名 学会名、会場、日時
渡部 桃子、早野 絵梨、斎木 恵子、 那波 一郎、森山 康弘、井倉 技、 西野 一三 首下がりで発症し悪性リンパ腫を合 併した M 蛋白陽性の孤発性成人発 症型ネマリンミオパチー 第219回日本内科学会近畿地方会 大阪
2019/3/3
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

#トップへ

072-751-2881