臨床研修医
・専攻医

#

看護部

腹部血管造影

腹部血管造影

腹部血管造影

主な治療は「肝細胞がん」に対する「TACE(肝動脈化学塞栓療法)」という治療法で、外科的手術に比べ、非侵襲的で、体に大きな傷などをつけることなく治療する事ができます。
「TACE(Transcatheter Arterial ChemoEmbolization)」は、肝臓の動脈細部までカテーテルを進め、病巣の直ぐ側で抗がん剤を流し込むことにより、正常細胞のダメージを最小限に抑えながら腫瘍細胞に抗がん剤が多く集まるようにします。また、腫瘍細胞を栄養している血管に細かなスポンジ状や球状の塞栓物質を流し、意図的に梗塞することで腫瘍細胞への動脈血流を遮断します。
治療中による苦痛ですが、カテーテル挿入部は局所麻酔で行われるので問題ないと思われます。ただし、治療時の薬物注入時に、場合によって、多少の痛みや嘔気を伴うことがあります。それも、治療前や治療中の痛み止めや点滴により、できるだけ軽減するように努めています。
治療時間は、個人差があり、一概には言えませんが、約1~2時間程度です。
治療後は、ベッド上安静ですが、翌日には制限なく自由に歩けます。

TAE前 TAE前

TAE後 TAE後

*TAE前の写真では、病巣が黒く染まって見られます。
*TAE施行後の写真により、染まりが消え、塞栓されていることが確認できます。

戻る

  • 当院のがん治療
  • 不整脈治療(アブレーション)
  • ヘルニア外来
  • 肛門疾患
  • 下肢静脈瘤
  • 眼瞼下垂
  • 糖尿病治療
  • ご寄付のお願い
  • 日本医療機能評価機構認定
  • JCEP
  • 病院指標(DPC)指標
  • NCD
  • 池田市がん検診
  • 豊能医療圏がん医療ネットワーク協議会
  • 敷地内禁煙

#トップへ

072-751-2881