研修医・専攻医の声

研修医・専攻医の声

臨床研修医の声

三橋靖大

2018年度 臨床研修医

初期研修先の病院を探している皆さんへ
2018年に入職し、現在初期研修2年目の三橋と申します。
まだ1年と少しが終わったばかりですが、初期研修先の病院として自信を持って当院をお勧めしたいと思います。まさに初期研修を送るのにふさわしい・・・!なぜそう考えるかといいますと、初期研修医の教育も大切な仕事の1つだとの思いで指導してくださる先生方がたくさんおられることに寄与するところが大きいです。「どこまでの範囲なら研修医に任せて大丈夫か」を見極めて指導していただけることが多いため、自分で主体的に診療に関わるうちに成長することができます。特に救急ローテではその傾向が顕著であり、ただ上級医からの指示通りに動くのではなく、commonな主訴/疾患に対しては初期研修医が自分のアセスメントをある程度持ちながら上級医に相談し、診療を進めていくという体制になっています。このために初期研修で最も重要とも言える救急対応を自然と主体性を持って学ぶことができます。
また1年目の間に合計6ヶ月間は内科を、2年目で外科系をローテートしますが、診療科ごとの垣根が低く、他科の先生に相談しやすい雰囲気が整っています。様々な分野を幅広く学ぶことが目的の初期研修医にとって、この環境はとてもありがたいと実感しています。
働き方改革が叫ばれている昨今ですが、当直明けは原則昼に帰宅可能など当院でも無理することなく働ける環境が整いつつあると感じています。
興味をもたれた医学生の皆さん、ぜひ一度見学にお越しください。お待ちしております。

松野香菜絵

2017年度 臨床研修医

なぜこの病院を選んだか
メジャーな内科が揃っていて幅広く内科診療を学べる点、救急外来での指導が充実している点、研修医の雰囲気が自分に合っていそうな点から、市立池田病院を選びました。また、学生の頃から内分泌代謝内科に進むと決めており、初期研修から市立池田病院を選んで内分泌代謝内科で後期研修をされた先輩や、大学の内分泌代謝内科の先生から勧められたことも決め手となりました。
この病院でよかったこと
内科・外科を問わず科の垣根が低く、医局ですれ違った先生に疑問点について教えて頂いたり、受け持ち患者さんのことを相談したりと、上級医の先生方に気兼ねなく声をかけられる環境で、とても働きやすいです。また、救急外来では、疑問に思った点を積極的に質問し、周囲と共有することができました。後期研修医として責任を持って当直に入るためには何を学べばよいか、上級医の先生と一緒に考え、悩みながらも成長することができたと思っています。

専攻医の声

大工和馬

消化器内科

なぜこの病院を選んだか
市立池田病院は消化器内科で定評があり、研修内容も充実していたため初期研修から勤務しています。初期研修医時代にローテーションで実際に消化器内科の研修を行い、上級医を始め、頼りがいのある先輩のレジデントにも指導してもらいました。先輩方の自立した姿を見て、この病院で自分も成長する姿を描けたため、後期研修もそのまま市立池田病院を選択しました。学会発表の機会も多く、アカデミックな面でのスキルアップも期待できたのも理由の一つです。
この病院でよかったこと
上級医のスタッフは皆さん優しく、たくさんの内視鏡手技の経験を積ませてもらえる環境はこの病院の最大の特徴だと思います。消化器内科の疾患は幅広く手技も様々ですが、見ているだけとは違って実際に自分の手と頭を働かせて学ぶことで得るものは計り知れず、日々成長を実感する毎日です。また知識の豊富なスタッフも多いので、日々内視鏡業務に忙殺されるだけでなく、疾患の知識や理解も深めることもできています。

鍵﨑 卓也

(内分泌・代謝内科)

市立池田病院を選んだ理由
学生時代の病院見学で、全病棟の糖尿病患者を診て回る糖尿病回診を見て「なんと活発的なグループなんだっ!」と衝撃を受けました。内分泌代謝内科グループの先生方も非常に指導熱心な先生方ばかりで、この病院なら初期研修だけでなく後期研修も内分泌代謝内科医として充実した研修生活を過ごすことができると思い、初期研修から勤務しています。
この病院でよかったこと
診療科間の垣根が低く、他科と相談が非常にしやすい環境だと思います。内分泌代謝内科だけでなく他の診療科も熱血指導で、また外来も専門外来だけでなく総合内科外来もさせていただいており、専門分野だけでなく内科全般的な知識を身につけることができます。学会発表の機会もあり、アカデミックな面も鍛えられます。
他にもいろんないいところがありますが…とにかくのびのびと研修できること間違いなしです!

北國大樹

消化器外科

市立池田病院を後期研修先として選んだ理由
平成28年度卒業の北國大樹と申します.大学卒業後堺市の病院で初期研修を終え、平成30年から大阪大学病院外科専修プログラムの関連施設として当院で後期研修を行っております.外科専門医取得にあたり、関連施設の候補として当院に見学に来た際に、消化器外科スタッフの方々が緊急疾患を含めた地域医療を担うために非常にフットワーク軽く働いており、若手医師にとって知識・経験を身に着けるにあたって最適な環境ではないかと感じました。また、各分野にわたって経験豊富な上級医がたくさんおられることも非常に恵まれていると感じ、当院での研修を希望しました.
後期研修を受ける方へのメッセージ
当院で研修を行うメリットとしては、経験豊富な上級医の先生の下で様々な疾患の手術を経験できる事と感じております.これは消化器外科の先生方の十分なサポートのおかげと、消化器内科・外科の合同カンファレンスで様々な症例を紹介してくださっている消化器内科医の尽力の賜物です.緊急手術の際も非常に迅速に対応してくださる病棟・麻酔科・手術部と非常に働きやすい環境なのは間違いないと思います.是非興味がある研修医の方は一度見学にきてみてください。

和田遼平

消化器外科

池田病院を選んだ理由
私は初期研修からこの病院に在籍させて頂いています。それは、池田病院での初期研修生活が非常に魅力的であることは言うまでもなく、池田病院で後期研修までさせて頂くつもりだったからです。池田病院は364床の中規模市民病院ですが、消化器内科と密接に連携し癌を中心に豊富な症例数を誇り、また救急診療科とも協力して緊急手術も多く行っています。診療科も多く、他科の先生方も多く在籍されていますが、相談しやすい環境であり、非常に働きやすい職場といえます。今も毎日仲間や指導医の先生方と、楽しく真剣に手術、診療に取り組んでいます!
後期研修医へのメッセージ
外科医を志す以上、まず手術がうまくなりたいとみんな思うことと思います。私の場合は初めて術者の位置に立たせて頂いたのはヘルニアであり、徐々に虫垂や胆嚢を扱う手術でも担当させて頂けるようになりました。近年増々盛んになっている腹腔鏡手術の基礎を学ぶ上で重要な術式である腹腔鏡下胆嚢摘出術は当院では平均して年間150例程度あり、まずそこで十分な経験を積むことが出来ます。他にも緊急手術などを中心に開腹手術も経験でき、得た経験は今後の外科人生においてかけがいのないものになることと思います。まずは当院へ見学に来て頂き、私たちの職場の空気を肌で感じてください。お待ちしています!

#

072-751-2881