歯科研修医

ご挨拶

歯科研修プログラム責任者および指導医(歯科・歯科口腔外科部長)挨拶

歯科・歯科口腔外科主任部長  大西 徹郎
プログラム責任者及び指導医(日本口腔外科学会指導医、日本口腔ケア学会評議員)

 

歯科医療を取り巻く環境は高齢化社会への推移や有病者の増加に伴い、近年大きく変化してきています。また医療の質の向上と共に、その安全な医療、歯科医療の提供は我々医療関係者の大きな課題となっています。その中で歯科医療においても「EBMに基盤をおいた患者中心の質の高い、安全な診療、患者サービスの提供」が求められており、この目標に対しては歯科医師卒後研修(初期研修)が非常に重要です。

当院歯科、歯科口腔外科は大阪府北部医療圏における歯科口腔外科の中心として、地域の医院、診療所との連携を中心にした医療を行っています。また全国初の試みである、口腔ケアセンターを病院内に設置し、「口」を通した医科、歯科、看護など多職種にわたるチームアプローチの推進を行っています。そのため当院での研修の特徴として一般歯科、口腔外科のみならず有病者歯科治療、入院患者の口腔管理も含めた大変幅広い領域を1年間で習得するプログラムとなっています。

当院のような最前線の病院における臨床研修として多くの症例を経験することにより、診療能力の向上をもたらすと共に、研修中に行う学会発表や論文作成に よって、臨床に対する学術的なアプローチの方法もあわせて学ぶこととなり、幅広い能力を持つ歯科医師の育成に貢献しているものと思っております。

ご興味がある先生方は是非お気軽に見学にお越し頂ければ幸いです。

基本理念とプログラムの特徴

基本理念

― 創意に富み 思いやりのある 信頼される病院をめざして ―

1. 目的

将来一般歯科医として歯科医学のあらゆる分野の診療に対応できる能力を持った歯科医師を養成することを目的とする。又、総合病院を構成する一診療科としての歯科、歯科口腔外科の役割を認識させ、かかりつけ医(開業医)と病院歯科の病診連携についての理解を深める。又、今後、高齢化社会の到来に伴い有病者の歯科治療を行う頻度は多くなるものと思われるため、総合病院で研修することにより全身疾患と歯科疾患との関連、歯科治療における問題点などを理解する。

2.特徴

北摂地域の歯科基幹病院としての特長を生かし、かかりつけ医との病診連携を実際に体験でき、又、当院の地域医療連携室を通じて地域の医療機関の診療内容についても学ぶことができる。又、本院が重視している医療スタッフの患者さんへの接遇態度、インフォームドコンセントの重要性に関しても研修できるものと思われる。

内容と到達目標

研修初期の5ヶ月間で基本的な診察法、検査方法を修得し、同時に一般歯科治療方法の研修を併行して行う。又、研修3ヶ月目より口腔外科的な疾患の診断や治療方針の決定、手術などの研修を開始する。又、総合病院である当院の特徴を生かして全身疾患の中での歯科、口腔外科的疾患の位置付けや関連隣接医学の研修を行う。研修後半3ヶ月は研修内容の再認識とそれに伴う知識の総合を行う。
一般歯科の診断、治療を行う能力があり、又、口腔外科的な知識を兼ね備えた歯科医師となることを到達目標とする。

市立池田病院 歯科医師臨床研修プログラム

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
基本的な診察法の修得 再履修、再確認
検査方法の修得
一般歯科の基本的な治療方法の修得
口腔外科治療方法の修得
他科との連携等の修得

歯科臨床研修医採用

#

072-751-2881