神経内科の研修プログラム

神経内科の研修プログラム

神経内科の紹介

主任部長 那波 一郎
主任医員 上原 拓也

神経内科は現在日本神経学会専門医2名のスタッフで診療をしています。当院は日本神経学会准教育施設であり、また日本認知症学会、日本臨床神経生理学会の教育施設でもあります。そのため神経内科専門医取得以外に、将来認知症専門医、脳波筋電図専門医などの取得を考えている人にも充実した研修ができると考えます。さらに、神経に限らず内科全般の幅広い研修もできます。

専門研修への対応

各内科領域との連携が密であるのが特徴です。初期研修中は神経疾患に限らず、幅広く各内科領域の疾患を経験できます。さらに当院は地域に根差した急性期病院であるため、入院の多くは脳血管障害、髄膜脳炎、ギランバレー症候群、けいれん発作などの緊急入院ですが、神経難病の検査、診断治療目的の入院も積極的にしています。脳血管障害では早期にリハビリテーションを開始し、多職種との連携も盛んです。また救急診療科からのコンサルトに対応することで神経救急を豊富に経験できるとともに、近隣市町からの紹介が多いため、頭痛、しびれ、めまいなどのcommon diseaseも多く、バランスの良い研修が経験できます。当科は大阪大学神経内科、兵庫医科大学神経内科と協力、連携し、充実した研修を目指していますが、幅広く全国からの応募もお待ちしています。

進路

臨床医として仕事を継続する方や、研究職を目指す方などさまざまです。専門医資格取得を含め、それぞれのキャリアパスに合った進路を目指していただきます。また、当科と連携している大阪大学神経内科では、研修終了後の進路に関して各自に希望調査を行い、病院勤務、大学院進学などきめ細かな相談に応じています。

施設認定

日本神経学会 准教育施設
日本認知症学会 教育施設
日本臨床神経生理学会 教育施設

指導医からのメッセージ

地域の中核病院であり、いろいろな疾患を経験できます。池田病院で神経内科のスタートを切ってくれる仲間を待っています。

学術業績

#

072-751-2881