臨床研修医
・専攻医

#

看護部

乳児のアトピー性皮膚炎

乳児のアトピー性皮膚炎

2~3ヶ月に頭や顔の湿疹ではじまり、3~4ヶ月前後から胸や腕に、続いて背中やお腹などの胴体の部分と脚に湿疹が拡がっていきます。痒くてよく掻きますし、傷ができたり赤いだけでなくジュクジュクになることもよくあります。
食べ物(お母さんが食べて母乳に出てきます)が原因になっていることが多いといわれており、最近は「食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎」という名前で呼ばれるようになっています。
よく発疹の出来る場所は、顔(ほっぺた、目の周り)、耳の周り、頸(くび)、肘の内側、膝の裏側、上腕や下腿の外側です。赤くなる、ぶつぶつが出来る、ジュクジュクになる、逆にかさかさやごわごわ(皮膚の角質が厚い)などが皮膚の症状として出ます。
また、この病気では途中から原因の食物を食べると湿疹だけでなく、ジンマ疹(皮膚症状)、腹痛や嘔吐(消化器症状)、咳やゼイゼイ(呼吸器症状)、ショック(全身症状)を起こす重症の方がおられますので注意も必要です。
治療はスキンケアと軟膏治療と原因食物の除去が中心になります。経過は1歳を過ぎてから原因の食物を食べられるようになる子供さんが出てきて、幼児期に治癒することが多いと考えられています。ただし、小学校に行く頃になっても、困る症状が出るために除去食を必要とする子供さんも一部にはいらっしゃいます。
赤ちゃんの多くは生後1ヶ月頃から顔に湿疹が出ることが多いですが、これは乳児湿疹でアトピー性皮膚炎とは違いますので、ご心配なさらないでください。
生後2ヶ月、3ヶ月と成長していくにつれて湿疹がひどくなる方は、乳児の「アトピー性皮膚炎」も考えられますので、専門医にご相談ください。

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

#トップへ

072-751-2881