臨床研修医
・専攻医

#

看護部

ペインクリニック外来

診療内容・特徴

ペインクリニック=ペイン(痛み)のクリニック(診療所)

頭のてっぺんから足の先まで、全身どこの痛みでも対象となりますが痛みのない病気も診ています。病気を治すのではなく、痛みの原因を追及して
痛みを緩和するところです。
今までとれなかった痛みには原因があるはずです。なかなかとれない痛みに困っていたら、一度ペインクリニックを受診してみてください。すべて
の痛みがすっきりとれてなくなるとはいえませんが、痛みで悩んでいらっしゃる多くの患者さまの助けに少しでもなれるよう日々診療に取り組んで
おります。
「ブロック注射は痛くて怖いな。」と悩んでおられる方もいらっしゃると思います。でも、心配ご無用。当ペインクリニックでは治療処置に伴う痛
みをできるだけ軽減するよう努めております。

対象疾患

痛みのある疾患としては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる腰下肢痛、坐骨神経痛、頸椎症による肩や腕の痛み、むちうち症、三叉神経痛、頭痛、帯状疱疹痛、肋間神経痛、糖尿病性神経障害、閉塞動脈硬化症などの血行障害による痛み、癌の痛み、術後の痛みなどがあげられます。
痛みを伴わない疾患としては、顔面神経麻痺、突発性難聴、めまい、網膜血管閉塞症、レイノー病、顔面・眼瞼痙攣、花粉症、多汗症などが挙げられます。

治療

治療の中心となるのは神経ブロックで、麻酔科の医師が治療にあたっています。神経ブロック以外の治療としては、薬物療法、心理療法、レーザー
治療、東洋医学(漢方)があります。より早く痛みを緩和するために、神経ブロックと投薬を組み合わせて治療することも多く各々患者さまに合わ
せた治療メニューを作成しています。また顔面・眼瞼痙攣、頚性斜頚にはボトックス治療も行っております。
神経ブロックが適さない患者さまもいらっしゃいます。ワーファリンやパナルジン、アスピリンなど血を止めにくくするお薬を服用されている方、
出血傾向のある方、糖尿病や高血圧のコントロールが悪い方、体調の悪い方、注射に対する恐怖心の強い方など。初回受診時には必ず他院処方の薬
剤がわかるようにお願いいたします。ブロック治療の適応がない方にはブロック治療以外の方法で痛みの緩和を行います。

主な神経ブロック

星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロック、三叉神経ブロック、腕神経叢ブロック、肩峰下肩峰下滑液包ブロック、肩甲上神経ブロッ
ク、肋間神経ブロック、椎間関節ブロック、大腰筋ブロック、仙腸関節ブロック、股関節ブロック、関節内ブロックなど。

特色

全国に先駆けて超音波を導入して神経ブロックを施行しています。超音波を使用することにより、より安全で確実な効果が得られるようになりまし
た。今までX線透視下で行っていたブロックも超音波ガイドに施行することで被爆がなくなり、血管や軟部組織、神経を直接観察しながら穿刺する
ことに合併症がより少なくなりました。

診察日

ペインクリニック外来は月曜日から金曜日まで毎日開設しています。学会出張などで休診のこともありますので必ず予約してから受診されるように
お願いします。またペインクリニック外来では入院治療を行っておりませんので予めご了承ください。

担当医

名前 役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等
小野 まゆ
(おの まゆ)
部長 ペインクリニック
漢方
臨床麻酔
日本麻酔科学会指導医・専門医
日本ペインクリニック学会専門医
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

#トップへ

072-751-2881