#

#

#

#

がん性疼痛看護認定看護師

#

音地 真理おんじ まり

私は、病棟スタッフの一人として、スタッフや医療チームと協力しながら、日々がんの患者さんに最善のケアを検討し実践しています。
鎮痛剤を適切に使用しながら、患者さんと一緒に痛み・状況を知り、多方面からのケアを行うことで患者さんの苦痛を緩和し、その人らしい生活ができるよう支援を行います。

がんの痛みは我慢しないでください

 

がんの痛みは、病気による痛みだけではなく、治療による副作用や合併症によるつらさも含まれます。
痛みは、気持ちの落ち込みや眠れない・気分転換ができないことにより増強します。痛みがあることで身の周りのことができない・眠れず体
がだるい・治療に前向きになれないなどの悪影響が現れることもあります。そのため痛みは我慢せず緩和することは重要です。そのために
は、痛みの原因・痛みに影響を与えている状況を知り、多方面からケアを考える必要があります。ただし、鎮痛剤は痛みを緩和するための大
事なひとつの手段です。

 

 

活動内容

緩和ケアチーム
緩和ケアチームの一人として、痛みだけでなくいろいろな苦痛症状や気持ちの落ち込み、療養先の相談など多岐にわたる内容に対応しています。

五月山緩和ケア研究会などの研修会の開催
地域の医療職の方と一緒に緩和ケアの研修会を2回/年開催しています。院内では多職種にも緩和ケアに関した、知識を深めるための研修会を行っています。

がん相談支援窓口
がんの患者さんの生活の困りごとや不安などの相談をお受けします。

病状説明同席
当院では、がんと診断された患者さんに対して病状説明を行う場合、医師と一緒にがん看護の経験を有する専任の看護師が、病状説明に同席しています。診断結果及び治療方法等について患者さんが理解し、納得した上で治療方針を選択できるように必要時説明を行い及び相談を受け、お気持ちや意思決定のサポートを行います。

#

072-751-2881