トップ > 歯科研修医

歯科研修医

歯科研修プログラム責任者および指導医(歯科・歯科口腔外科部長)挨拶

はじめに

歯科・歯科口腔外科主任部長  大西 徹郎
プログラム責任者及び指導医(日本口腔外科学会指導医、日本口腔ケア学会評議員)

 歯科医療を取り巻く環境は高齢化社会への推移や有病者の増加に伴い、近年大きく変化してきています。また医療の質の向上と共に、その安全な医療、歯科医療の提供は我々医療関係者の大きな課題となっています。その中で歯科医療においても「EBMに基盤をおいた患者中心の質の高い、安全な診療、患者サービスの提供」が求められており、この目標に対しては歯科医師卒後研修(初期研修)が非常に重要です。

 当院歯科、歯科口腔外科は大阪府北部医療圏における歯科口腔外科の中心として、地域の医院、診療所との連携を中心にした医療を行っています。また全国初の試みである、口腔ケアセンターを病院内に設置し、「口」を通した医科、歯科、看護など多職種にわたるチームアプローチの推進を行っています。そのため当院での研修の特徴として一般歯科、口腔外科のみならず有病者歯科治療、入院患者の口腔管理も含めた大変幅広い領域を1年間で習得するプログラムとなっています。

 当院のような最前線の病院における臨床研修として多くの症例を経験することにより、診療能力の向上をもたらすと共に、研修中に行う学会発表や論文作成に よって、臨床に対する学術的なアプローチの方法もあわせて学ぶこととなり、幅広い能力を持つ歯科医師の育成に貢献しているものと思っております。

 ご興味がある先生方は是非お気軽に見学にお越し頂ければ幸いです。

歯科・歯科口腔外科主任部長 大西 徹郎