トップ > 医科臨床研修医

医科臨床研修医

当院での臨床研修の特徴

1.臨床研修にちょうどよい大きさの病院です。

 病院の規模の割には、豊富な診療科と専門医がそろっています。多くの認定施設を標榜しており、ライセンス取得には問題がありません。中規模病院ならではの横の連携が強く、各診療科の垣根は低いため、多くの合併症に対応可能です。市中病院のため、症例は豊富で、市立池田病院は臨床研修にちょうどよい大きさの病院です。

2.救急の研修には定評があります。

 急病・救急総合診療科には、外科系、内科および総合内科系の指導医が研修医のみならず、看護師や医療スタッフにも熱心に指導を行っています。現時点では受け持ち病床はなく、救急外来診療に専念しています。多くの2年目の研修医が選択期間に救急を選択しています。

3.内科の研修に自信があります。

 内分泌・代謝内科、呼吸器内科、腎臓内科、血液内科、消化器内科(胃腸膵,肝胆)、循環器内科、神経内科に加え総合内科を4つのグループに分けて1.5か月ずつローテーションすることで、各疾患をより深く繰り返し学んでもらいます。
 受け持ち患者さん1人1人に担当指導医が決まり、合併症の多い患者さんの治療においても診療科を超えて相談がしやすい環境です。

4.多くの外科手術を経験できます。

 外科手術の種類は多岐にわたり、短期入院の小手術から侵襲のある大手術まで経験することが必要です。High Volume Centerではなく、市民病院だからこそ、多くの種類の手術を経験できます。研修医のみなさんが多くの手術経験が積めるように、私たちはできるかぎり応援します。

5.研修医まかせにしない責任ある時間外救急体制です。

 研修医は内科系外来当直と外科系外来当直との2人の当直医の下で、内科系と外科系との両方の時間外救急診療に参加します。「研修医だけの判断で患者さんを帰らせない」責任ある時間外救急体制の下で、救急の病態に幅広く対応できる実力をつけることができます。

6.精神科研修の評価も高いです。

 精神科領域の救急医療で高い評価を受けている「さわ病院」が協力施設です。「さわ病院で精神科研修ができるから市立池田病院の臨床研修に応募する」学生さんが毎年来られます。

7.心臓外科はありません。

 …将来これらの分野に進むつもりの方のニーズには答えられないかもしれません。