トップ > 連携医療機関の方へ > 地域医療連携室のご紹介 > 主な業務内容・特徴

連携医療機関の方へ

主な業務内容・特徴

理念と方針

理念

患者様ご家族の方の視点に立った保健・医療・福祉の連携に努めます。 

活動方針
  1. 地域の各関係機関との連携を推進し、安全で質の高い医療を提供します。
  2. 院内外の他職種と協働し、患者様・ご家族の意思を尊重した良質なケアの継続を支援します。
  3. 患者様に関する情報の適切な管理と有効活用に努めます

地域医療連携室業務

地域医療連携室の業務は幅広く、全体像は図のとおりです。当院では、前方支援と後方支援をわけ、それぞれの強化を図っております。

地域医療連携室業務

前方支援業務
  1. 病診連携業務(予約業務、エスコート業務、返書・紹介状管理業務など)
  2. 救急入院業務
  3. 病床管理業務
  4. 広報業務・訪問活動
    地域医療連携室だよりなどを発行しています。また、地域の医療機関さまへ訪問し連携を推進しております。
  5. 地域医療研修業務
    市民公開講座を開催しております。
  6. かかりつけ医相談業務
    かかりつけ医を紹介しております。
  7. 地域医療連携支援業務に要する管理業務
後方支援業務

1.退院支援業務
地域関係機関と連携を図り、入院早期から退院に向けて準備を整え、患者様・ご家族が安心して退院を迎えられますように支援・調整をいたします。

地域医療連携室後方支援 本館1階

地域医療連携室後方支援 本館1階(医療管理課内)

2.医療・福祉相談業務
療養中の患者様やご家族が、経済的問題や介護保険・社会福祉制度など福祉サービスを利用したい時、また入院生活やご自宅での療養上の不安、退院後の社会復帰など、病気になったことで生じる様々な生活上のご相談をお受けします。

《具体的には》
・医療費・医療費助成制度について
・療養中の経済保障について
・健康保険・退職後の保険について
・生活保護について
・福祉サービスの利用について
・療養中の家族の問題について
・介護保険について
・身体障害者手帳・障害年金について
・回復期リハビリ病院・療養型病院への転医について
・老人保健施設や老人ホームなど施設利用について
・車椅子やベッドが必要
・往診や訪問看護が必要
・ヘルパー派遣・デイサービスなどの利用について
・退院後の生活が心配
・自宅での介護が困難

相談室

相談室

3.その他関係機関との連絡調整
地域の医療・福祉関係機関からの相談や問い合わせなどお受けしています。

4.懇談会や研究会の開催

  • ケアマネジャーとの懇談会 年1回開催 継続
  • 訪問看護ステーションとの懇談会 年1回開催
    ※H21年度からは懇談会にかえて定例会を予定しています。
  • 事例検討会、勉強会の開催
    □開催日程は随時最新情報へ掲載します

《設置場所》
《受付時間》
月曜~金曜:午前8時30分~午後8時00分
土曜日  :午前9時00分~午後1時30分
(土曜日が国民の祝日の場合はお休みさせていただきます。)
但し、日、祝祭日、年末年始は除きます。

スタッフ

  • 室長  (林)
  • 看護師長  (大江)
  • 医療ソーシャルワーカー (林 尾関 上田)
  • 委託業者

実績

取組み経緯
平成9年(1997年) 地域医療連携室の新設(10月15日)
平成15年(2003年) 紹介状・返書管理システム稼動
平成16年(2004年) 「開放型病床登録医制度」発足
平成17年(2005年) 地域医療連携室への事務職配属
地域医療連携プロジェクト発足 7月
地域医療連携推進計画策定
掲示・パンフレット・広報等の整備
地域医療連携室だより発行 11月
かかりつけ医の紹介パンフレット作成
紹介検査枠の拡大(土曜・時間外)
かかりつけ医相談窓口の拡大
開業医への訪問活動開始
開業医向けアンケートの実施(2月)
医師会での説明会実施
平成18年1月 紹介患者専用の予約枠設置
特定療養費の値上げ
紹介患者専用の受付けの流れ整備
内科午後診察を紹介専門外来化
平成18年(2006年) DPC適用病院へ (6月)
「連携登録医制度」発足(4月)
「医療従事者研修制度」発足(4月)
医療連携室が経営企画室の直下に
第1・2回医療者向け研究会開催(9月・2月) ※以下省略
大阪府承認基準改正(12月)
画像診断レポートシステム及びPACS導入によ画像診断結果の迅速化
平成19年(2007年) 地域医療連携業務の委託化(4月)
患者エスコート業務の開始
来院・入院等の事務報告書FAX開始
フイルム配達業務の開始
CTの当日撮影の開始
CT・MRの共同利用・病病連携推進
遠隔画像診断システム導入による画像検査枠の拡大、読影医師不足対策
第1回市民公開講座(2月) ※以下略
平成20年(2008年) 新紹介・返書管理システム稼動(11月)
紹介による救急患者及び入院患者の紹介元への返書のシステム化
地域医療連携を前面にうちだしたホームページリニューアル(3月予定)
外部委員会の開催(3月予定)
救急医師の増員(11月)
救急医師の勤務時間拡大(1月)
紹介患者の推移

逆紹介の推進などにより患者数(初診)が減少しつづける一方で、紹介患者数は順調に推移しております。

来院報告書の送付
イメージ図

イメージ図