トップ > 診療のご案内 > 診療科 > リハビリテーション科

診療のご案内

リハビリテーション科

理念・方針

整形外科、神経内科、外科、内科と連携を取りながら、急性期を中心とした入院患者さまのリハビリテーション医療を展開しています。

ページの先頭へ

診療内容・特徴

「理学療法」とは、病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱などの物理的手段を用いて行われる治療法です(日本理学療法士協会 定義より)。当院では術後早期の整形外科・外科疾患、その他の病気後の体力低下を有する方を対象に、基本動作能力の獲得を目指し訓練を実施しています。
「作業療法」は、食べたり工作したり仕事や遊びなど、人の日常生活に関わる諸活動を「作業活動」と呼ぶが、これらの機能が低下した場合、援助や指導、治療を行います。当院では、身辺動作(食事・更衣・排泄・入浴など)の獲得や、術後の上肢の機能獲得を目指して訓練を実施しています。
「言語聴覚療法」とは、ことばの障害(失語症や構音障害など)によるコミュニケーションや嚥下(飲み込み)に問題がある方々に対して行うリハビリテーションです。当院では一人一人がその人らしい生活を送れるように評価や訓練を行っています。

理学療法室

作業療法室

言語療法室

ページの先頭へ

主な疾患

整形外科疾患では、人工関節や脊椎脊髄疾患、骨折の術後など、脳血管疾患では、脳血管障害や神経筋疾患、廃用症候群、また、呼吸器疾患や化学療法中など

ページの先頭へ

診療実績

毎年1000件を越える受診者数の治療を行なっています。

ページの先頭へ

施設認定

基準
1.脳血管等リハビリテーションI
2.運動器疾患リハビリテーションI
3.呼吸器疾患リハビリテーションI
4.心大血管疾患リハビリテーションⅠ
5.廃用症候群リハビリテーションⅠ
6.がん患者リハビリテーションⅠ
の施設基準を取得しています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

スタッフ

当科はリハビリテーション科医師2名、理学療法士10名、作業療法士9名、言語聴覚士2名で構成されています。

医師
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
宮本 直
(みやもと なお)
主任医員 上肢
整形一般
理学療法士
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
松山 博文
(まつやま ひろふみ)
技師長 松山 博文
川南 香代子
(かわみなみ かよこ)
面田 真也
(おもだ しんや)
面田 真也
丹羽 徹
(にわ とおる)
丹羽 徹
多田 和博
(ただ かずひろ)
佐々木 大地
(ささき だいち)
山田 瑛璃
(やまだ えり)
松永 真悟
(まつなが しんご)
奈良 友里恵
(なら ゆりえ)
仲 健太
(なか けんた)
作業療法士
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
柳沢 崇
(やなぎさわ たかし)
主任 柳沢 崇
横山 由梨子
(よこやま ゆりこ)
主任 横山 由梨子
佐々木 奈央
(ささき なお)
濱田 亜紀
(はまだ あき)
浅野 雅也
(あさの まさや)
大原 千尋
(おおはら ちひろ)
高科 賢士
(たかしな けんじ)
中武 未稀
(なかたけ みき)
山村 義
(やまむら ただし)
言語聴覚士
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
安藤 敏夫
(あんどう としお)
立石 圭
(たていし けい)