トップ > 診療のご案内 > 診療科 > 神経内科

診療のご案内

神経内科

理念・方針

神経内科では、脳や脊髄、末梢神経系、筋などに起こる疾患を診療の対象にしています。神経内科の疾患は、多くの場合、身体の不自由や認知機能の障害を伴います。また、高齢者に多い傾向もあります。当院では、諸検査に基づく診断と標準的な治療を行うとともに、看護・介護・リハビリ部門と連携し、患者さまの主体性を尊重しながら、その方の生活全般を支援していきます。

神経内科部長 那波 一郎

ページの先頭へ

診療内容・特徴

・検査:血液検査、髄液検査、画像検査(CT、MRI、MRA、SPECT)、頸動脈エコー、電気生理学的検査(脳波、神経伝導検査、針筋電図、誘発電位)を当院では行っています。
 症状に応じて必要な検査を行い、異常のある部位や原因疾患を調べていきます。さらに詳しい検査が必要であれば、連携先の大学病院などに紹介いたします。
・治療:脳梗塞には、急性期治療(組織プラスミノーゲンアクチベーター t-PAは除く)を入院のもとで、リハビリテーションと共に行います。パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経変性疾患では、投薬加療と生活指導、場合によってはリハビリテーションを行います。
 その他の疾患に対しても、日本神経学会の治療指針に依拠し、ひとりひとりの患者さまとインフォームドコンセントのもとに十分に話し合い、疾患について理解してもらいながら治療を進めていきます。

主な疾患

・脳・脊髄:脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作など)、神経変性疾患(パーキンソン病、パーキンソン症候群、多系統変性症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、種々の認知症(アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症など)、本態性振戦症、てんかん、多発性硬化症、髄膜炎、脊髄炎など。
・末梢神経の疾患:三叉神経痛、顔面神経麻痺、ギラン・バレー症候群、神経根症、その他の種々の末梢神経障害
・神経筋接合部の疾患:重症筋無力症
・筋の疾患:筋けいれん、筋炎、筋ジストロフィー症
 次のような症状があれば、神経内科の受診をお勧めします。
・運動障害(手足に力が入らない、字が書きにくい、顔が動かない、嚥下しにくい)
・歩行困難(歩きにくい、よく転倒する、足が前に出にくい)
・感覚障害(しびれ、感覚がにぶい)
・言語や構音の障害(言葉が出てこない、呂律が回らない)
・不随意運動や筋けいれん(手足のふるえ、筋肉がぴくぴくする)
・意識障害、けいれん発作
・認知障害(物忘れなど)
・頭痛、めまいなど
 なお、不眠症、不安症、抑うつ状態、ストレス、心身症などは、精神神経科か心療内科の診療対象となります。

ページの先頭へ

診療実績

ページの先頭へ

診察日

午前
那波
瀬川
阪大医師
那波
上原
午後

学会や出張等により担当医が休診または代診となる場合もありますことをご了承下さい。

【予約・紹介制】
 当科の診療は、予約のある再診患者様、または、紹介状をお持ちの初診患者様のみとさせていただきます。

 紹介状をお持ちでなく当院内科系診療科を初めて受診される場合、原則として総合内科で問診・診察し、
必要に応じて後日の各専門内科外来に引き継がせていただきます。詳細はこちらをご覧ください。


ページの先頭へ

スタッフ

医師
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
那波 一郎
(なば いちろう)
部長 神経内科全般 日本内科学会総合内科専門医指導医
日本神経学会専門医指導医
日本認知症学会専門医指導医
日本臨床神経生理学会専門医指導医
上原 拓也
(うえはら たくや)
主任医員 神経内科全般 日本内科学会 認定内科医
日本神経内科神経内科専門医