トップ > 診療のご案内 > 診療科 > 呼吸器内科

診療のご案内

内科:呼吸器内科

呼吸器内科

理念・方針

池田市を中心とした豊能医療圏の急性期呼吸器疾患の中核医療機関として迅速で適切な医療を提供すると共に、呼吸器診療を担う医師の研修、教育に努めます。

呼吸器内科主任部長 橋本 重樹

橋本 重樹

ページの先頭へ

診療内容・特徴

肺炎を代表とする急性呼吸器感染症については、喀痰検査により起因菌を推定し治療初期から適切な抗生物質が選択できるよう努力しています。
気胸や胸水症例については、トロッカーカテーテル挿入による治療を施行、原因不明の胸水症例については局所麻酔下での胸腔鏡検査を実施しています。
呼吸不全については、高流量鼻カニューレ(ネーザルハイフロー)や非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)を積極的に導入し安全で苦痛の少ない呼吸管理に努めています。
近年急速に増加しています肺癌については、胸部レントゲン・CT・気管支鏡検査による迅速な診断と、切除不能例に対しては放射線治療・化学療法を施行しております。また外来化学療法を積極的に推進しQOLの高い診療を目指しています。

ページの先頭へ

主な疾患

診療対象は呼吸器疾患全般。肺炎、肺癌をはじめ、びまん性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、気胸、胸膜炎など、急性期呼吸器疾患のプライマリーケア全般に対応しています。

ページの先頭へ

診療実績

気管支鏡検査室

患者層の高齢化を反映し、肺炎などの急性呼吸器感染症、原発性肺癌、慢性閉塞性肺疾患が増加傾向にあります。 原発性肺癌は症例数が増加し在院期間は短縮されており、負担が少なくQOLの高い診療ができていると考えています。気管支鏡検査は年間100例前後施行しています。

ページの先頭へ

施設認定

日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設

ページの先頭へ

医療機関の先生方へ

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の診断と治療方針決定、CT・気管支鏡検査による胸部異常陰影の診断と治療、気胸や胸水に対するドレナージ、慢性呼吸不全患者への在宅酸素導入目的など急性期呼吸器疾患に対し、幅広く迅速に対応させていただきますので御紹介宜しくお願い申し上げます。
方針が決定し病状が落ち着けば地域の医療機関の先生方に逆紹介をさせていただいております。

ページの先頭へ

関連

内部リンク

ページの先頭へ

診察日

午前
橋本
久下
田幡
橋本
清水
午後
清水
田幡
芥川
橋本
初診外来

月曜午前、水曜午前、木曜午前

 紹介状をお持ちでなく当院内科系診療科を初めて受診される場合、原則として総合内科で問診・診察し、
必要に応じて後日の各専門内科外来に引き継がせていただきます。詳細はこちらをご覧ください。

専門外来

(予約制):月曜午後、火曜午後、金曜午後

気管支鏡検査

火曜午前、金曜午前 (原則として入院検査)
この他にも地域医療施設からの要請に応じてできるだけ迅速な対応に努めますので、地域医療連携室を通じて御依頼ください。

ページの先頭へ

スタッフ

医師
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
橋本 重樹
(はしもと しげき)
呼吸器内科主任部長 呼吸器疾患
感染制御
日本内科学会総合内科専門医、
日本呼吸器学会指導医、
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医、
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、
日本医師会認定産業医、
インフェクションコントロールドクター、
大阪医科大学臨床教育准教授
橋本 重樹
田幡 江利子
(たばた えりこ)
副部長 呼吸器疾患 日本内科学会総合内科専門医、
日本呼吸器学会所属、
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
緩和ケア研修修了済
清水 裕平
(しみず ゆうへい)
医員 呼吸器疾患 日本内科学会
日本呼吸器学会
緩和ケア研修修了済
久下 朋輝
(くげ ともき)
専攻医 呼吸器疾患 日本内科学会
日本呼吸器学会
緩和ケア研修修了済
芥川 茂
(あくたがわ しげる)
非常勤医 呼吸器疾患 日本内科学会総合内科専門医、
日本呼吸器学会指導医、
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医

ページの先頭へ

医療チーム

呼吸器科の主病棟は新館3階東病棟で、看護師をはじめ、薬剤部、中央検査室、リハビリテーション科など他部門と連携したチーム医療を目指しています。

3階東病棟スタッフ