トップ > 診療のご案内 > 診療科 > 消化器外科

診療のご案内

消化器外科

理念・方針

 がん診療を中心とし、地域の外科中核病院として、専門性をもった高度な診療にあたります。迅速な病理診断や放射線治療設備など充実した医療環境の中で、患者さんへの十分な医療を提供いたします。また、胆石症、ヘルニアなどの良性疾患に対して専門外来を設け、積極的に対応しています。さらに、緊急症例は救急診療部門とも密接に連携し治療にあたっています。ひかり輝く池田病院としての自覚をもって責任ある診療に従事していく所存です。

消化器外科主任部長 太田 博文

ページの先頭へ

診療内容・特徴

 当院消化器外科は食道・胃(上部消化管)、小腸・大腸(下部消化管)、肝胆膵疾患に対し、積極的に外科治療を行っています。
 消化器疾患では、従来の開腹手術から鏡視下手術まで多種多様な手術を施行しています。
 最近は高難度の癌手術も大学病院と連携しながら、積極的に取り組んでいます。

上部消化管(担当:赤丸、和田)

 胃癌、食道癌、胃GIST、上部消化管穿孔などが主な治療の対象になります。質が高く、安全な医療を提供しています。
食道癌
食道癌手術は、消化器外科領域で最も侵襲の大きな手術のひとつですが、当院では胸腔鏡を併用した小開胸手術を実施し、安定した成績を修めています。食道癌領域でも化学療法の果たす役割は増加しており、切除可能進行食道癌に対しては根治手術と抗癌剤(5FU+シスプラチン(FP療法))とを組み合わせた治療が推奨されていますが、当院ではさらにタキソテールを併用したDCF療法を基本治療としています。食道癌治療においては放射線治療も有効な選択肢のひとつです。放射線治療医と連携し、最適な治療法を提案させて頂きます。
胃癌
胃癌治療ガイドラインでは、胃癌の進行度別に手術を含む各種治療法とその適応など、具体的な指針が示されています。つまり治療法を選択するときには、胃癌の進行度を正確に診断することが非常に重要であると言えます。胃癌チームでは胃癌の進行度をできる限り正確に、しかも迅速に診断することにこだわっています。
腹膜転移は胃癌の転移形式のなかで最も多い転移形式ですが、腹膜播種と言われるように微小結節を形成することが多く、CTのみで腹膜転移の有無を判定することは困難です。この腹膜転移の有無を確認するために審査腹腔鏡が有効です。腹部に1cm程度の穴を2-3カ所開けて、腹腔内全体をカメラで観察し、組織や腹水を採取します。正確な病期診断のために当院では進行胃癌に対してこの審査腹腔鏡を積極的に導入しています。

胃癌手術においても腹腔鏡手術の需要はますます高まってきています。腹腔鏡手術とは、腹部に小さい穴を数か所開けて、そこから内視鏡カメラや専用の手術器具を挿入し、モニターに映し出される腹腔内の様子を観察しながら手術を行う方法です。
腹腔鏡手術の最大の利点は傷が小さく、術後疼痛が少ない点にあります。このため入院期間の短縮が図れ、早期社会復帰が可能です。長期的には、整容性に優れており、さらに傷が小さいため癒着が生じにくく、術後腸閉塞の発生頻度は従来の開腹手術と比較して非常に少ないというメリットもあります。
しかし胃癌腹腔鏡手術は手技が難しいため習得には経験を要し、まだまだ施設間、術者間の格差が大きいのが現状です。当科では日本内視鏡外科学会技術認定を取得した経験豊富な医師が担当しており、安全で確実な手術を実施できていると自負しています。

胃癌治療においても化学療法(=抗癌剤治療)の占める割合は増加してきています。胃癌治療ガイドラインでは根治切除術を施行したStageⅡ、Ⅲの患者様にはTS-1という抗癌剤を1年間内服する治療が推奨されています。しかしⅢ期のなかでも、大型の腫瘍、あるいは多発リンパ節転移を認めるような高度進行胃癌の場合、手術→術後補助化学療法のみではなかなか再発を制御できないという現実があります。こうした高度進行胃癌に対しては、当科では術前化学療法を積極的に導入しています。術前化学療法の方が術後化学療法と比較して、より強力な治療を施行できるという利点があり、胃癌と患者さんの状態に応じて、適切な治療法を提案させて頂いています。

下部消化管、肛門(担当:太田、宗方)

 当院では良性から悪性まで幅広い大腸肛門疾患に対し、消化器外科専門医、大腸肛門病専門医が中心となり、治療します。特に大腸癌に関しては多くの開業医の先生方からご紹介をいただき、一番件数の多い手術(年100件以上)です。癌以外でも腸閉塞、大腸憩室炎、虫垂炎や様々な原因による大腸穿孔による腹膜炎緊急手術にも素早く対応して重症患者さんに対して術後集中治療管理を行い、数多くの命を救っています。また、痔疾患(痔核、裂肛、痔瘻)の治療、直腸脱手術(アルテマイア法、デロルメ法、腹腔鏡下直腸固定術など)も得意として数多く治療しています。
近年、化学療法は大腸癌治療においては非常に重要な手段です。たとえば、大きな癌を適切な抗がん剤で小さくして切除が可能となることもしばしば経験します。大腸癌は完全切除ができれば生命予後は延長しますし、その後のQOL(生活の質)も向上します。一方、切除困難な癌にはなるべく副作用の少ない適切な化学療法を選択し、緩和ケアを専門スタッフと共に社会的精神的配慮をし、前向きに治療を進めています。
当院が今、最も興味をもって積極的に行っているのは術後回復強化(ERAS)プログラム (ERAS: Enhance Recovery After Surgery)と呼ばれ、大腸癌手術後に早期回復、早期退院を促し、社会復帰を早める取り組みで、世界でも注目され、徐々に普及してきています。本邦ではいち早く導入し、既に実績を積み、2016年4月の日本外科学会でも発表しました。
ではここで 当院のERASプログラムについて簡単に説明いたします。
ERASとは“enhanced recovery after surgery”の頭文字をとったもので術後回復強化と訳されます。周術期管理に関して早期回復につながるエビデンスのある手法を総合的に取り入れた管理法です。そもそも手術には“マイナスイメージ”があります。前日にたくさんの下剤を飲まなければいけない。術後は長く点滴に繋がれ動けない。なかなか食事ができない。痛みで苦しいなど。従来は術前から絶食にして、数日間点滴して3-4日して食事を開始していました。こうなると体力のある患者さんでも体力が落ちて、肺炎などの合併症を起こす危険が増してしまいます。当院のERAS適用の大腸手術では患者さんの体力を手術後も維持し、早期回復を目指します。なにより、患者さんは気持ちが楽です。すなわち、腸内を空っぽにするための2Lの下剤は不要で、絶食もしません。手術が終われば水が飲めて翌朝から食事が始まり、リハビリで歩行します。なぜ、こんなことが可能かと申しますと、もちろん、卓越した手術や麻酔技術はもちろんですが、それだけではありません。大切なことは「術前から患者さんの意識を変える」からです。当院では手術が決まれば、ERASに精通した看護師が、パンフレットで詳細に説明をします。患者さんに回復意欲を誘導し、入院生活のプラスイメージを利用してスタッフ全員で早期回復へ導くのです。ERASの厳密な麻酔管理のもと手術は原則、腹腔鏡で行います。創部が小さく、痛み止めをしっかり効かせれば、翌日からの歩行が可能です。翌日から食事をするため、点滴が無くなり、自由に動け、気持ちが上向きになり、どんどん回復する仕組みです。詳細は以下の文献をご覧ください

参考文献
1.健康・医療 手術 絶食やめ早期回復 「 ERAS注目 北欧発 日本も広がる」 入院3日短縮、治療費削減 市立池田病院 ;読売新聞 2015年12月20日(日曜日) p16 くらし 
2.太田博文、藤江裕二郎、福永浩紀、荻野崇之、前浦義市 大腸癌手術症例に対する術後回復強化(Enhanced Recovery After Surgery:ERAS)プロトコールの安全性と有効性の検討.日本大腸肛門病学会誌 2011;64(4):214-223.
3.太田博文 術後のケアがこんなに変わる! 見直したい術前、術後の管理 エキスパートナース 照林社 2012年2月号24-53
4.太田博文 トピック 術後回復強化プロトコール レジデントのための消化器外科診療マニュアル 医学書院 P105-106

肝・胆・膵(担当:柴田、森本、瀧内)

 当院では日本肝胆膵外科学会が認定する高度技能指導医が全ての治療に責任を持って携わっています。
肝癌:
原発性肝癌の当院での治療の特色は全例消化器内科と協力して治療をしている点です。通常、多くの病院では最初にかかった診療科で治療法が決まります。外科へ紹介されれば手術が選択され、内科に紹介されれば、ラジオ波治療が選択されます。当院では、まず全例消化器内科へ紹介されるので、可能な限り、局所治療としてラジオ波治療や放射線治療が選択され、それらが困難な症例のみ手術が選択されます。その結果、患者さんにとってできるだけ痛みの少ない、入院期間の短い治療が選択されることになります。また手術の際もできるだけ傷の小さな腹腔鏡手術を施行し、患者さんに優しい外科治療を目指しています。また他の病院では手術が難しい肝硬変症例も消化器内科と協力して術後管理をすることによって、安全に手術することが可能になっています。また転移性肝癌においても同様に大腸癌専門医と連携し、化学療法を組み合わせて可能な限り、癌を取りきる治療を目指しています。

膵癌:
膵癌は年々増加傾向にあり、当院においても40歳代の比較的若年者の膵癌症例が増えてきています。年間手術件数は約20例で、術後補助化学療法を施行することによって、術後生存期間中央値が24ヶ月と全国平均18ヶ月に比べ、良好な治療成績を得ています。また高度進行がんである血管浸潤症例においても術前放射線化学療法を施行することによって、手術を可能にし、術後補助化学療法を追加することによって術後2年以上の長期予後が得られる症例も存在します。

胆道がん:
胆道癌の年間手術件数は約10例で、胆管癌、胆嚢癌、十二指腸乳頭部癌などに対して膵癌同様、手術と化学療法、放射線治療を含めた集学的治療を行い、良好な治療成績を得ています。

 また緩和医療においても、がん専門看護師、緩和ケアチーム、緩和ケア病院、在宅医と密接な連携を行い、再発した場合も安心して医療を受けることができる体制を整えています。

鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア(担当:柴田、滝内)

鼠径ヘルニア
 当院では、2004年8月よりクーゲル法(腹膜前腔に挿入で、再発症例にも対応可、あらゆるタイプの鼠径・大腿ヘルニアに対処できる術式)を導入し、第一選択の術式とし、最近では年間150例前後の症例をこなしています。
 月曜日の午後にヘルニア外来として、専門外来を設置し、術前術後の患者を集中的に診療しています。特に、鼠径ヘルニアについては術後2年間Followすることで、真の再発率の算定や術後合併症である血腫・漿液腫や難治性疼痛などに対し専門性の高い診療を行っています。
 鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP)も今年度から導入している。

腹壁瘢痕ヘルニア
 開腹術後の腹壁瘢痕ヘルニア修復術は単純縫縮術の場合、再発率は高率であり、腹壁瘢痕ヘルニア根治術の適応に関してはメッシュを使用した術式を第一選択として行っている。手術侵襲が小さく、根治性の高い腹腔鏡補助下腹壁瘢痕ヘルニア根治術(アンダーレイメッシュ法)が第一選択の術式となると考えられる。高い技術が必要となるが、有用な術式と考えられ、当院でも導入している。

ページの先頭へ

主な疾患

上部消化管(食道・胃)疾患、下部消化管(小腸・大腸)疾患,胆肝膵疾患

ページの先頭へ

診療実績

ページの先頭へ

施設認定

  • 日本外科学会専門医修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本大腸肛門病学会専門医修練施設

ページの先頭へ

関連

内部リンク

ページの先頭へ

診察日

午前
交替制
太田
赤丸
和田
宗方
池嶋
瀧内
赤丸
池嶋
和田
森本
瀧内
太田
宗方
柴田
午後
柴田
(ヘルニア外来)
 
赤丸
柴田
森本
森本
太田
宗方

*学会や出張等により担当医が休診または代診となる場合もありますことをご了承下さい。

ページの先頭へ

スタッフ紹介 ※更新中です

医師名役職学会専門医・認定医・評議員  
柴田 邦隆
(しばた くにたか)
病院長日本外科学会【専門医】
日本消化器外科学会【指導医】【専門医】【消化器がん外科治療認定医】
日本がん治療認定医機構【暫定教育医】
近畿外科学会評議員
大阪大学臨床教授
兵庫医大臨床教育教授
緩和ケア研修修了済
柴田 邦隆
太田 博文
(おおた ひろふみ)
外科主任部長(消化器外科)日本外科学会【専門医】【指導医】
日本消化器外科学会【専門医】【指導医】
日本大腸肛門病学会【専門医】【指導医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
兵庫医大臨床教育教授
近畿外科学会評議員
緩和ケア研修修了済
赤丸 祐介
(あかまる ゆうすけ)
部長 日本外科学会【専門医】【指導医】
日本消化器外科学会【専門医】【指導医】
日本消化器病学会【専門医】
日本内視鏡外科学会【技術認定医(胃)】
日本食道学会【認定医】【外科専門医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
近畿外科学会評議員
日本胃癌学会代議員
緩和ケア研修修了済
森本 修邦
(もりもと おさくに)
部長日本外科学会【専門医】【指導医】
日本消化器外科学会【指導医】【専門医】【消化器がん外科治療認定医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
日本肝臓学会【専門医】【指導医】
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会【肝胆膵外科高度技能指導医】
日本消化器病学会【専門医】
日本消化器病学会近畿支部評議員
日本肝臓学会西部会評議員
近畿外科学会評議員
緩和ケア研修修了済
森本 修邦
瀧内 大輔
(たきうち だいすけ)
副部長 日本外科学会【専門医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
臨床研修指導医
近畿外科学会評議員
緩和ケア研修修了済
宗方 幸二
(むなかた こうじ)
医長 日本外科学会【専門医】
緩和ケア研修修了済
Visiting Professional in the Department of Surgery University of Chicago
和田 範子
(わだ のりこ)
医長 日本外科学会【専門医】
日本消化器外科学会【専門医】【消化器がん外科治療認定医】
日本食道学会【認定医】
日本がん治療認定医機構【がん治療認定医】
緩和ケア研修修了済
池嶋 遼
(いけしま りょう)
主任医員 日本外科学会専門医
がん治療認定医
緩和ケア研修修了済
和田 遼平
(わだ りょうへい)
専攻医 日本外科学会
緩和ケア研修修了済
北國 大樹
(ほっこく だいき)
専攻医
江口 聡
(えぐち さとし)
専攻医 日本外科学会
緩和ケア研修修了済