トップ > 診療のご案内 > 診療科 > 皮膚科

診療のご案内

皮膚科

理念・方針

入院診療に力をいれています。

当科では難治性皮膚疾患や皮膚腫瘍に力を入れて診療しています。入院治療も積極的に行っています。病診連携を推進すべく、美容や軽症皮膚疾患に関してはかかりつけ医に診療をお願いしています。

皮膚科

ページの先頭へ

診療内容・特徴

難治性皮膚疾患と皮膚腫瘍

当科では難治性皮膚疾患と皮膚腫瘍を中心として、診療を行っております。小手術や皮膚生検は皮膚科医が外来で行っていますが、手術室での手術は、形成外科と協力して行っています。
当科では必要と考えられる場合はできる限り複数の医師で診療にあたるようにしています。1診の診察でも必要な時には他の医師も診察に加わります。処置外来は、常時2~3人の医師で行っています。また、入院患者さんの回診も頻繁に行っており、症状の変化に迅速に対応できるようにしています。

帯状疱疹(たいじょうほうしん) 

当皮膚科の診療実績で最も多いのは、帯状疱疹です。帯状疱疹は“痛みのある水ぶくれ”が生じる疾患で、高齢者では帯状疱疹後神経痛を起こすこともあるため、初期治療が非常に重要です。(詳しくはこちら⇒)

ページの先頭へ

主な疾患

難治性皮膚疾患、皮膚腫瘍、帯状疱疹

ページの先頭へ

診療実績

ページの先頭へ

医療機関の先生方へ

入院が必要なケースにもきめ細やかに対応いたします。

ページの先頭へ

施設認定

日本皮膚科学会認定専門医研修施設

ページの先頭へ

関連

内部リンク
外部リンク

ページの先頭へ

診察日

診察室
B-4(初診)
近藤
吉良
近藤
吉良
B-5
(処置)
(処置)
(処置)
(処置)
(処置)
B-6(再診)
近藤
吉良
青山
吉良
B-7
(生検)
(生検)
(生検)
(生検)
(生検)

*学会や出張等により担当医が休診または代診となる場合もありますことをご了承下さい。

ページの先頭へ

スタッフ 

医師
名前
(ふりがな)
役職 専門・担当 資格・認定・所属学会等  
吉良 正浩
(きら まさひろ)
主任部長 日本皮膚科学会認定専門医
大阪大学臨床教授
大阪大学医学博士
近藤 由佳理
(こんどう ゆかり)
副部長 日本皮膚科学会認定専門医
東 典子
(あずま のりこ)
主任医員 日本皮膚科学会
青山 礼華
(あおやま れいか)
専攻医 日本皮膚科学会

ページの先頭へ

医療チーム

ページの先頭へ

連携医療機関の紹介

外部リンク