トップ > 地域医療機関のご案内 > 当院がめざす地域医療連携への取組み

地域医療のご案内

当院がめざす地域医療連携への取組み

地域医療連携とは、厚生労働省が推奨する事業で、地域の医療機関が自らの施設の実情や地域の医療状況に応じて、医療の機能分担や専門化を進め、地域の医療機関すべてが相互に円滑な連携を図り、それぞれの有する機能を有効活用することにより、住民が地域で継続性のある適切な医療を受けられるようにするものです。つまり、一つの病院がすべての医療機能を提供するのではなく、それぞれの医療機関の持っている特有の機能を十分発揮し、紹介や逆紹介、医療機器の共同利用などその役割を分担していこうというものです。

「かかりつけ医」とは、皆様の普段の健康管理をしてくれる身近な医師で、診察のほか健康相談や指導を含めて、様々な問題について気軽に相談することのできる医師のことです。お近くの診療所の中から、ご自分に合う医師を選んで、「かかりつけ医」としていただくことをお勧めいたします。

地域医療連携への取り組み

かかりつけ医を持ちましょう

市立池田病院は診療所との連携を進めています

市立池田病院では、国(厚生労働省)の医療法改正に従い、入院患者の診療、緊急を要する医療、専門領域の診療、かかりつけ医からの紹介患者の診療を行っています。しかし、風邪や軽い腹痛・けが、症状の安定した慢性疾患の方の通院も多いため、高度な医療設備や医療機器、人材など活用しきれていません。そのため一次診療は原則として地域の診療所のかかりつけ医で受診し、必要に応じて診療所からの紹介で当院を受診する病診連携を進めています。

市立池田病院からのお知らせ

1.かかりつけ医からの紹介状をお持ちください。

当院を利用する前に、地域の診療所をご利用ください。当院をご利用のときは、診療所(かかりつけ医)から当院の地域医療連携室に予約を取ってもらい、紹介状を持参の上でご来院ください。

2.紹介患者さまを優先的に診療いたします。

「病診連携」により、普段の健康管理は診療所が受け持ち、入院治療や専門的な検査が必要な場合に診療所から病院へ患者を紹介することで、必要な医療をスムーズに提供できます。

3.初診時選定療養費(2,160円)がかかりません。

他の医療機関から紹介状がない場合(ただし、救急車で運ばれた患者、国の公費負担の医療受給者は対象外)、当院で最後に診察を受けてからの経過期間によっては、健康保険の初診料に加えてかかる選定療養費が2,160円が必要となりますが、紹介状持参の場合は不要となります。

4.お近くの医院を当院「かかりつけ医コーナー」でご紹介いたします。

お近くの医院を希望されるかたは、遠慮なく各外来受付または担当医師・看護師、かかりつけ医コーナーまでご相談ください。ご希望をお伺いして、お近くの医院にご紹介致します。紹介後であっても症状に変化がありましたら、いつでも遠慮なくご連絡ください。外来診療時間内であれば各科外来、時間外であれば救急外来で診療いたします。

かかりつけ医と市立池田病院の連携図