トップ > 使命と活動 > 活動情報(Action) > 医療・健康情報 > お薬情報 服用方法(内服) > 問6 漢方薬は食前・食間に服用した方がいいですか?

使命と活動

問6 漢方薬は食前・食間に服用した方がいいですか?

漢方薬は古来より水で煎じて服用され、苦みや臭みが強く、食後に服用すると吐き気を伴うことがあり、食前や食間に服用する方がよいといわれていました。しかし、現在病院などで処方される漢方薬はエキス顆粒となっており、たいへん服用しやすくなっているため、食後に服用しても問題はありません。
漢方エキス剤には、非常に多くの成分が含まれ、また各々の有効成分の濃度が非常に低いため、少しでもその吸収率をよくするということから、空腹時に服用すると、効果が最大に発揮されるといわれています。
しかし、成分の中には食後の方が吸収のよい場合もあり必ずしもこの限りではありません。また、八味地黄丸といった漢方薬には地黄という生薬が含まれており、消化器に刺激を与えやすいので、下痢、胃腸障害等の症状があったら、むしろ食後に服用したほうがよいでしょう。いずれにしても、忘れずに服用することが大切です。もし、のみ忘れに気づいたら、気づいた時点で1回分を服用して下さい。